ソーシャルレンディング

【安定】SBIソーシャルレンディングの評判、メリット・デメリットまとめ!貸し倒れ、遅延のリスクは?

ライトニング
ライトニング
この記事では「SBIソーシャルレンディング」について紹介します。

業界第2位の実績を誇るSBIソーシャルレンディングの評判、メリット・デメリットについて、ソーシャルレンディング初心者でもわかりやすいようにまとめました。

SBIソーシャルレンディングって安全に投資できるの…?

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

ますます盛り上がりを見せてきている注目の投資「ソーシャルレンディング」。

ソーシャルレンディング事業者の中でも、総合金融のSBIグループ傘下の「SBIソーシャルレンディング」は業界一の安定感を誇る会社です。

はてなパンダ
はてなパンダ
安心感はありそうだけど、取扱案件とか気になるな…
ライトニング
ライトニング
そのあたりも徹底解説します!

本記事では、SBIソーシャルレンディングの評判、メリット・デメリットについて、投資初心者でもわかりやすいようにまとめました。

ソーシャルレンディングデビューの参考にしてみてください。

 SBIソーシャルレンディングについて

まずは、SBIソーシャルレンディングがどのような会社なのかを紹介します。

①SBIソーシャルレンディングの概要

SBIソーシャルレンディングは、2011年3月にサービスを開始したソーシャルレンディング事業者です。

商号 SBIソーシャルレンディング株式会社
事業内容 ソーシャルレンディングサービスにおける出資募集業務、貸金業務
関東財務局長(金商)第2663号
代表者 織田 貴行
住所 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
設立年月日 2008年1月24日
資本金 1,000万円
主要株主 SBIグループ 100%

SBIソーシャルレンディングは、国内ではmaneoに次ぐ歴史があり、また貸付実績もmaneoに次いで業界第2位となっています。

ソーシャルレンディング事業としては、他の会社と基本の仕組みは同じであり、投資家と借り手を結ぶ事業を行っています。

SBIソーシャルレンディングの財務状況は、2016年度までは赤字が続いていましたが、2017年度以降は黒字転換しています。

SBIソーシャルレンディング自体が順調に取扱案件の数を伸ばしていることと、ソーシャルレンディング業界が今後盛り上がりを見せていくと思われるため、今後も黒字経営を継続できるのではないかと考えられます。

また、SBIグループは証券、ネット銀行、保険などを扱う巨大グループであり、SBIソーシャルレンディングに何かあっても、グループの支援があると思われます。

はてなパンダ
はてなパンダ
会社としての安心感があるね!
ライトニング
ライトニング
SBI証券、住信SBIネット銀行ユーザーからも馴染み深いよね!

②SBIソーシャルレンディングの取扱案件

SBIソーシャルレンディングの案件は大きく分けて次の2つがあります。

SBIソーシャルレンディングの取扱案件

  1. オーダーメイド型ファンド:随時募集
  2. 常時募集型ファンド:常時募集

書いてある通り、違いは随時募集か、常時募集かという点になります。

また、オーダーメイド型ファンドは、不動産担保を取ったものや、再生可能エネルギー(太陽光、バイオマス発電)のものが主力となっています。

常時募集型ファンドについては、不動産担保をとった案件となっています。

SBIソーシャルレンディングのメリット・デメリット

それではここからは、SBIソーシャルレンディングを利用するメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

メリット①:SBIグループの安定感・安心感

ソーシャルレンディング事業者の中には、運営に問題があり「行政処分」を受けた会社もありますが、SBIソーシャルレンディングは金融事業にSBIグループの背景もあり、その運営に安心感があります。

また、ソーシャルレンディングの案件は、投資先が匿名であることが大多数であり、そういった面からもソーシャルレンディング事業者の運営体制、投資案件をしっかりと選んでいるかが非常に大切です。

こういった面からも、SBIグループのSBIソーシャルレンディングの安心感は非常に高いと言えます。

ソーシャルレンディング事業者によっては、貸付先(投資先)の担保評価を見誤っていたり、投資家から集めたお金を悪用していたりといったこともあります。

そういった意味でも、投資案件内容を正しく、多くの情報を公開してくれるソーシャルレンディング事業者の選定こそが一番大事なリスク管理です。

はてなパンダ
はてなパンダ
SBIグループの資本背景による情報力、運営体制は安心できそうだね。
ライトニング
ライトニング
初めての人にはSBIソーシャルレンディングが絶対おすすめ!

メリット②:1万円から投資できる常時募集型ファンド

ソーシャルレンディングでは、案件に投資する際には「〇月〇日に募集開始!」という形で募集が始まり、募集が終了するまでに申し込みをする必要があります。

人気の案件は10分程度で募集金額に達して終了することもあり、タイミングを見計らう必要があります。

SBIソーシャルレンディングには、こういった制限がない「常時募集型ファンド」があり、気軽に1万円から投資をすることができます。

常時募集型ファンドは、SBIソーシャルレンディングならではの特徴であり、ソーシャルレンディングが初めての人にもおすすめできる案件です。

メリット③:名目利回りの分配金を毎月受け取れる

投資案件ごとに決められた分配金を毎月受け取ることができ、お金が増えていく楽しみ、投資の楽しみを実感することができます。

はてなパンダ
はてなパンダ
毎月が楽しみだね!
ライトニング
ライトニング
投資って楽しい!と思えるよ!

メリット④:即時入金サービスを利用可能

同じSBIグループである「住信SBIネット銀行」の口座を保有していれば、SBIソーシャルレンディングへの振込手数料が無料かつ、即時に振込反映をすることができます。

それでなくても、住信SBIネット銀行自体が他社銀行への3回/月まで振込手数料が無料だったり、ATM引き出し手数料が5回/月まで無料なので、口座開設の価値があります。

ライトニング
ライトニング
僕もメインバンクは住信SBIネット銀行!

SBIソーシャルレンディングのメリットまとめ

  1. SBIグループの安定感・安心感
  2. 1万円から投資できる常時募集型ファンド
  3. 名目利回りの分配金を毎月受け取れる
  4. 即時入金サービスを利用可能(住信SBIネット銀行)

デメリット

デメリット①:安定感ゆえに投資家からの申し込みが殺到

SBIソーシャルレンディングは、SBIグループを背景にした安定感から投資家からの信頼感も非常に厚く、募集案件に対して投資家の申し込みが殺到する傾向にあります。

そのため、臨時募集がかかる「オーダーメイド型ファンド」では数分で募集が終了してしまうことがあります。

本当に申し込みたい案件については、事前に募集時間を管理する必要があります。

デメリット②:貸し倒れ、遅延のリスクがある

SBIソーシャルレンディングは2008年設立であり、事業の歴史も長く、当初個人向けの投資案件も扱っていたこともあり、初期段階は貸し倒れが見られました。

ただ、その後業界としても個人向けの貸し付けが問題視され、SBIソーシャルレンディングとしても貸し付けを法人に限定して以降は貸し倒れが発生していません。

しかし、投資家への支払い遅延は一部発生していることから、例えSBIグループの資本傘下にあり安定感があると言えど、貸し倒れ・支払い支援のリスクがあることは常に頭に入れておきましょう。

ライトニング
ライトニング
もちろん貸し倒れ・支払い遅延リスクを減らすためにもソシャレン事業者選びは大切!

デメリット③:資金拘束がある

ソーシャルレンディング全般に言えることですが、募集案件に対して投資を行うと、案件の期間が終わるまでは資金が拘束されます。

案件によって拘束期間は異なりますが、2~3年の資金拘束期間のものもあり、この期間に世界情勢、担保の不動産価値が変動する可能性もあります。

また、自分の経済状況自体も変化する可能性があるので、自分の経済的余力、案件のリスクなどはしっかりと精査する必要があります。

デメリット④:ロールオーバーの可能性がある

ロールオーバーとは、一つの募集案件に対して投資家から集めた資金が余剰となった場合、同種のファンドへの投資に資金が自動的に充当されることを意味します。

例えば、Aという1年の投資期間の募集案件に1万円投資すれば、本来は1年後に投資資金が返ってきますが、ロールオーバーが発生した場合、自動的に次の案件B(投資期間=半年)に使われ、お金が返ってくるのが1年半後になります。

SBIソーシャルレンディングのデメリット

  1. 安定感ゆえに投資家からの申し込みが殺到
  2. 貸し倒れ、遅延のリスクがある
  3. 資金拘束がある
  4. ロールオーバーの可能性がある

SBIソーシャルレンディングの登録はこちら

SBIソーシャルレンディングの評判・口コミ

SNSではSBIソーシャルレンディングはどのような評判なのでしょうか?

ライトニング
ライトニング
分配金がもらえると嬉しいですよね♬

ライトニング
ライトニング
SBIソーシャルレンディングの安定感を頼りにしながらも、自分の投資力も高めたいですね!

ライトニング
ライトニング
申し込みがもう少し余裕をもってできればいいんですけどね…

SBIソーシャルレンディングが特におすすめな人

SBIソーシャルレンディングは、特に次の人におすすめです。

SBIソーシャルレンディングが特におすすめな人

  • ソーシャルレンディングへの投資が初めての人
  • 1万円から勉強しながら気軽に投資したい人
  • 住信SBIネット銀行、SBI証券などに馴染みが深い人
ライトニング
ライトニング
基本的には、ソシャレンを始める全ての人におすすめできるよ!

SBIソーシャルレンディングの始め方

SBIソーシャルレンディングの始め方は次の通りとなります。

  • STEP1
    公式HPで投資家登録
    SBIソーシャルレンディングの公式HPから投資家登録を行います。

    SBIソーシャルレンディングの無料登録はこちら

    登録は非常に簡単で5分で終わります。

    登録が完了すると、はがきが自宅に届くので、記載された「ご本人様確認キー」をWEB入力されば完了です。

  • STEP2
    出資申込
    マイページにログイン後、『出資申込』のメニューから出資するファンドを選択し、出資申込を行う。
  • STEP3
    出資金の入金
    次のいずれかにより出資金の入金を行います。

    ①即時入金サービス(住信SBIネット銀行)

    ②振込入金

  • STEP4
    資金償還を待つ
    無事申込と入金が完了すれば、毎月の分配金を楽しみにしながら、投資期間の完了による資金償還を待ちましょう!

SBIソーシャルレンディングのよくある質問

ここまでSBIソーシャルレンディングについて紹介しましたが、こちらではよくある質問について回答します。

①手数料はかかりますか?

SBIソーシャルレンディングでは、振込入金の際にかかる振込手数料がかかります。

また、分配金の収益からファンドごとに定める管理手数料がが差し引かれています。

ただし、ほぼ気にならないレベルです。

SBIソーシャルレンディングのまとめ

本記事では「SBIソーシャルレンディング」について書きました。

SBIソーシャルレンディングは、SBIグループの資本背景があり、運営体制の安定感、投資案件の選定に安心感の高い会社です。

取扱い規模も国内最大級であり、初心者にはもちろん、全ての人に対しておすすめできるソーシャルレンディング事業者です。

まずはSBIソーシャルレンディングから、ソーシャルレンディングの面白さを体験してみましょう!

ライトニング( @lightningshift9)でした。

SBIソーシャルレンディングの無料登録はこちら

【業界最大手】ソーシャルレンディング「maneo」の評判、メリット・デメリットまとめ!貸し倒れ、延滞の不安は? こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 着々と成長を続ける注目の投資「ソー...