ビジネス

転職を悩んだ末に僕は踏みとどまった!転職に迷ったら考えるべき5つのこと!

こんにちは、ライトニング( @lightningshift9)です。

人生の大半の時間を過ごす仕事では、悩むことや、落ち込むこともありますよね。

また、今の仕事が本当に自分がやりたいことなのか、もっといい職場があるのではないかと思うこともありますし。

ライトニング
ライトニング
僕も転職するか真剣に悩んだ人間なので、こういった気持ちはよくわかります。

僕は転職を真剣に考え、転職エージェントと面談をしたことがあります。

結局、僕は転職はしませんでしたが、転職を考えているあなたには後悔をしない人生を歩むためにも、しっかりと考えて決めてほしいと思います。

というのも、転職をして後悔している友達を何人も見てきたからです。

そこで、今回は転職で後悔をしないために、僕の経験上、転職に悩んだら、考えるべき6つのことをまとめました。

転職に迷ったら考えるべき5つのこと

  1. 仕事に飽きて転職しようとてしていないか?
  2. 他人と比較して転職しようとしていないか?
  3. 他の会社がよく見えているだけではないか?
  4. 転職先で本当にやりたいことができるのか?
  5. 自の考えだけで転職を考えていないか?
ライトニング
ライトニング
後悔をしないためにもしっかりと自分と話し合いましょう!

まずは冷静に自分の状況を確認しよう!

転職を考えるということは、何かしら現在の仕事に不満がある、または他に魅力的な仕事があるということだと思います。

ライトニング
ライトニング
僕の場合は、仕事への飽きと、他の仕事が魅力的に見えたことが主な理由でした。

ただ、ここで気をつけたいのは、転職をしたいと思っている自分が客観的に見て冷静かどうかです。

特に、長期にわたって不満を感じている場合、現在の職場・仕事への嫌悪感が増し、他の職場・仕事がより一層魅力的に見えます。

したかって、ずは冷静に考えるられるように、自分自身の状態を整える必要があります。

頭の中だけでまとまらない場合は、紙に書きだすことにより整理することができると思いますよ!

転職に迷ったら考えるべき5つのこと

冷静に考える状態を作れたら、実際に下記の5つのことを考えて、本当に転職をすべきなのかどうかを考えましょう。

①仕事に飽きて転職しようと考えていないか?

人間、何年も同じことをやっているとどうしても飽きます。

ただし、この仕事への飽きから転職を考えると、転職先でもまた同じことを繰り返す可能性が高いです。

自分の転職をしようか悩んでいるのが、仕事の飽きが原因になっていないかを自問自答してみましょう。

その上で、の職場・仕事ではできなくて、転職先では明確にできること、やりたいことがあるかを確認しましょう!

僕は同じ部署で6年仕事をして飽きを感じていました。

仕事では知らないことはないし、なんでもできるしつまらないと思っていたんですよね。

今思えば思い上がっていましたね。

今の職場・仕事の飽きの解決方法

  • 自分が満足する仕事のレベルを1段階上げてみる
  • 自分の仕事が誰のためになっているかを考えてみる
  • 社内で異動希望を出してみる

②他人と比較して転職しようと考えていないか?

僕もそうだったんですが、他人と比較してしまい、転職をしようと考えしまうことがあります。

僕は、会社の同じ部署だった同僚が転職し、転職先で伸び伸びしている様子を見て、うらやましいと思っていました。

自分も転職したらもっと楽しい仕事生活を送れるのかな・・・と悩んだことがあります。

今思えばこれは完全に間違いなんですよね。

なぜなら自分の人生を生きているのは自分なんですから、他人の生き方に左右される必要はないんです。

ですので、冷静に自分がやりたいことは何なのかを考え、他人の人生に左右されないようにしましょう。

自分の人生の主人公はあなたです!

③他の会社がよく見えているだけではないか?

今の職場・仕事に不満があると、よくあるのが他の会社がよく見えてしまうということです。

これは不満、嫌悪感から、かなりのバイアスがかかっている可能性があります。

僕は自分の職場は意思決定が遅く、新規ビジネスが進まない!と不満を持っていました。

「コンパクトな会社ではそんなことはない!」、と転職を考えた要因にもなりましたが、これって物事の一部分しか見てなかったんですよね。

まずは、自分の職場・仕事で不満と思っていることが、本当に会社のせいなのかをもう一度見つめ直してみましょう。その上で、何か違ったアプローチで不満を解消できないかも考えるといいと思います。

今の職場・仕事のいいところも見直してみることを大切ですよ!

④転職先で本当にやりたいことができるのか?

転職を考えている会社のHPや、求人案内を見ると、魅力的なことが書いてあり、惹かれることもあると思います。

しかし、ここでしっかりと考えたいのは、「転職先の1社員として、本当に自分がやりたいことができるのか?」ということです。

僕は商社で働いており、自分の力で興味ある仕事を作っていきたい!という趣向が強い人間です。

転職を考えた時にも、転職先でこの思いを基準として、企業探しをしようとしていました。

ただ、この思いには限界があったんです。

なぜなら、転職先でも組織で働く必要があり、本当に自分が思うようなこと全ては絶対にできないからです。

この理由もあり、僕は最終的に転職をしなかったという経緯もありますし、自分の力で本当にしたいことは副業でやろう!と考えブログを開設しました。

今の時代、会社の仕事で夢を叶えるだけではなく、副業で夢を叶えることもできます

自分が本当にやりたいことを、大きな枠から再度考え直してみましょう!

⑤自分の考えだけで転職を考えていないか?

この記事の序章で、冷静に自分の状況を確認してみようということは言いましたが、やはり自分の人生のことですから、完全に冷静に考えることは難しいです。

そこで、僕は家族には必ず相談する事をおすすめします。

1つの理由は、冷静に自分の状況を見てもらうということがもちろんあります。

もう1つの理由は、人生の幸福度は「仕事」、「家族」、「お金」、「健康」の4要素で決まると思っていて、「仕事」を変えるという大きなイベントの時には「家族」には相談すべきだと思うからです。

しっかり話し合えば、アドバイスをもらえると思いますし、家族のためにどう生きるかということを真剣に考えられると思いますよ。

それでも転職をしたいのなら転職エージェントに登録してみよう!

冷静に考えるべきことを確認しても、転職をしたいと思うのなら、その気持ちは確かなものだと思うので、転職サービスに登録して、転職エージェントに相談するのは十分にありです。

また、逆にまだ冷静に考えきれない段階でも、転職エージェントに相談してもいいと思います。

僕も実際に転職サービスの「リクルートエージェント」に登録して、エージェントと面談したことがあります。

この時に面談した「リクルートエージェント」の転職エージェントの人が非常に親身になって、僕の仕事の経歴から、何をしたいか、現職の不満などを聴いてくれました

また、転職エージェントと言えば、転職を成約してなんぼの世界だと思っていましたが、しっかり僕の状況を客観的に分析してくれたんですよね。

現職の不満は考え方次第で、逆に「あなたの会社はいいところだよ」と言われました。

色々自分でも自問自答、自己分析はしてきましたが、しっかり掘り下げて分析してくれるのはさすがプロだと思いました。

なので、最終的に転職はしなくても、どうしても自分で考えてもまだ転職に悩むなら、転職サービスに登録して相談するのは全然ありだと思いますよ。

事実、僕は心のつっかえがなくなり、自分の状況がわかり、今の仕事に納得して、今は仕事への取り組み方・考え方を変え、楽しく働いています。

あとは、本当にすべきとこは副業でやろうと決め、人生全体が豊かになりましたね。

リクルートエージェントの詳細はこちら >

転職に迷ったら考えるべき5つのことのまとめ

人生の幸福度の重要な要素である「仕事」

転職をするにしても、しっかりと自分の思い、やりたいことを確認して、後悔のない人生を歩めるようにしましょうね!

こんにちは、ライトニング( @lightningshift9)でした。