株式投資

【評価・口コミ】ワンタップバイ(PayPay証券)の評判をメリット・デメリット含めて完全解説!

ライトニング
ライトニング
この記事では「One Tap BUY(ワンタップバイ)について紹介します。

記事の中では、ワンタップバイ券の特徴、評判、メリット・デメリットについて、これ一本読めば丸わかりできるようにまとめました。

「ワンタップバイが気になるけどどうなんだろう?」、「メリット・デメリットを知りたい!というあなたの声に答えられる記事なのでぜひ参考にしてください!

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

最近は少額から投資ができる少額投資サービスも増えてきており、今回紹介するワンタップバイ(One Tap BUY)もその1つです。

ワンタップバイは1,000円の少額からスマホで簡単に有名企業の株を買えることで大人気の証券会社ですが、あまり知らない人からすれば本音の評判が気になるところですよね。

はてなパンダ
はてなパンダ
公式サイトでは魅力的に見えても、利用者の本音やメリット・デメリットを第三者目線で知っておきたいね。
ライトニング
ライトニング
実際に僕も使ったことがあるので、気になるところを本音で紹介していきます!

本記事では、ワンタップバイの評判、メリット・デメリットについて紹介します。

上述したように忖度無しの利用者目線で記事を書いていますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

ライトニング
ライトニング
結論から言うと、日米株を1,000円の少額から簡単に買えるので、投資初心者におすすめ!

特に米国株を1,000円から買えるのはワンタップバイだけなのでおすすめできる!

ワンタップバイのポイント

1,000円からお手軽に投資ができる

日米の有名企業の株主になれる

スマホから3タップで株が買える

みずほ、ソフトバンクなどの出資があり安心

スマホアプリ累計170万DL

多くの未経験者に支持されている

\初心者でも簡単/

ワンタップバイ公式HP 1,000円で大企業の株主になれる!

ワンタップバイについて

まず最初にワンタップバイの会社概要、サービス内容について紹介します。

①ワンタップバイの会社概要

ワンタップバイの会社概要は次の通りです。

商号 株式会社One Tap BUY(ワンタップバイ)
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2883号
本社 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
設立 2013年10月31日
資本準備金 87億2,452万円
代表者 内山 昌秋
株主構成 ソフトバンク株式会社
みずほ証券株式会社
Zホールディングス株式会社

ワンタップバイは2013年に設立されましたが、今回紹介するワンタップバイアプリのサービス自体は2016年に開始されています。

また、最低投資額を1,000円に引き下げたり、サービス内容を拡充しているのがここ3年くらいであり、今まさに少額投資のサービス強化を図っている証券会社と言えます。

会社の背景としては、東証1部上場のソフトバンク、みずほ証券、Zホールディングスの資本出資があるので、安心して利用できる証券会社ですね。

②ワンタップバイのサービス

ワンタップバイのサービス内容は次の通りとなっています。

ワンタップバイの提供サービス

  1. 日米株
  2. ロボ貯蓄
  3. 10倍CFD
  4. 日本株CFD
  5. ボーナス運用
  6. おいたまま買付
  7. 誰でもIPO

合計で7つのサービスが展開されていることがわかりますが、この中で主力サービスとなるものは①日米株であり、こちらを理解しておくことが一番大切です。

一方で、③10倍CFD、④日本株CFDはレバレッジをかけて、大きなお金を動かすことになるので、損失を出したときに元本以上を上回る可能性がありおすすめしません。

したがって、サービス紹介としては、①日米株を中心として、他サービスについて紹介をさせて頂きます。

日米株のサービス内容紹介

ワンタップバイの中心サービスは日米株であり、こちらのサービスは次の特徴があります。

  • 1,000円で日米の大企業の株が買える
  • スマホから簡単な操作で取引可能
  • 24時間いつでも取引ができる

最大の特徴は1,000円で日米の大企業の株が買えることですが、以下の画像の通り誰もが知っている日米を代表する企業の株主になることができます。

<ワンタップバイで購入できる日本株>

<ワンタップバイで購入できる米国株>

はてなパンダ
はてなパンダ
知ってる企業がたくさんあるね!
ライトニング
ライトニング
普通に株式市場で買うのには、何十万円も必要な会社もあるから、ワンタップバイで気軽に1,000円で株主になれるのはありがたいね!

投資方法も非常に簡単で次の通り、3タップで気軽に購入ができます。

<ワンタップバイでの買い方>

このようにスマホかアプリから24時間簡単に投資できるのは、投資初心者でも始めやすく、投資が身近に感じることができますよ!

ライトニング
ライトニング
ワンタップバイは少額×簡単が組み合わさった投資!

ロボ貯蓄のサービス紹介

ロボ貯蓄は簡単に言うと、上記で紹介した「日米株」の定期積立サービスのことです。

好きな金額、日付で積立を行うので、投資タイミングに悩む必要がありませんし、以下の通りドルコスト平均法により利益が出やすくなります。

ドルコスト平均法とは同金額で積立を行うことにより、コストを平均化する手法を言います。

投資初心者でも実行しやすい手法であり、コストが平均化されると、利益が出やすくなるメリットがあります。

ボーナス運用のサービス紹介

ボーナス運用はワンタップバイとPayPayがコラボをしているサービスであり、PayPayから実行する形となります。

そのため、ワンタップバイから利用できるサービスではありません。

PayPayを利用している人は、付与されたPayPayボーナスを運用に回せるので検討してみるのもありですよ。

おいたまま買付のサービス紹介

おいたまま買付は、「日米株」の買付の際に銀行引き落としが自動でできるサービスを言います。

通常は銀行からワンタップバイへ資金移動が必要ですが、おいたままサービスを利用すれば自動で銀行引き落としをしてくれます。

利用できる銀行は以下の通りとなっています。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 南都銀行
  • ドコモ口座
  • ソフトバンクカード

資金移動は意外と面倒なので、銀行口座引き落としができるのは便利ですね。

誰でもIPOのサービス紹介

誰でもIPOとは、IPO(新規株式公開)株を1株から申し込みできるサービスです。

通常IPO株の申し込みは100株単位であり、数十万円のお金が必要ですが、誰でもIPOを利用すれば1株から少額での申し込みが可能です。

IPO(Initial Public Offering)とは、新規株式公開と呼ばれ、未上場の企業が上場して新たに株式を公開することを言います。

IPO株は将来有望の先進企業の上場も多く、投資家の注目も大きいことから、公募価格(申し込み価格)よりも上場時の初値が大きくなりやすいです。

そのため、初値で売却しても大きな利益を得られるメリットがあります。

ワンタップバイの公式サイトはこちら

ワンタップバイのメリット

ここまでワンタップバイのサービス特徴を紹介していきましたが、ここからはおさらいも含めてワンタップバイを利用するメリットを紹介していきます。

①1,000円で有名企業の株を買える

ワンタップバイでは1,000円の少額から有名企業の株主になることができる。

通常、株式投資においては1企業の株式を買うには数万円~数十万円のお金が必要なため、1,000円単位で株式投資デビューできることは大きなメリットです。

また、いきなり株式投資で大金デビューをすると、投資初心者は大事なお金を一気に減らしてしまうリスクがあります。

そのため、ワンタップバイで少額から株式投資に慣れるというのはありですね。

②とにかく簡単に株が買える

ワンタップバイではアプリを立ち上げて、3タップで株の購入が完了します。

多くの投資は金額を指定したり、チャートを見たりと複雑なステップが多く、初心者にはハードルが高く、それだけで断念してしまう人も多いのが事実です。

ワンタップバイでは非常に簡単に簡単に株が買えるので、難しく見える投資が身近に思えますよ。

③積立投資で利益を出しやすくなる

ワンタップバイでは「ロボ貯蓄」を利用することにより、日米株の積立投資を行うことができます。

投資で利益を出すための王道は「積立」、「長期」、「分散」であり、ロボ貯蓄を利用しながら、複数銘柄を分散積立すればこの3つをおさえることができます。

また、「おいたまま買付」を同時に利用すれば、自動で銀行引き落としをしてくれるので、余計な資金移動の手間が省けますよ。

④1株からIPOに申し込みができる

ワンタップバイでは「誰でもIPO」を利用すれば、1株単位の少額からIPO株の申し込みができます。

IPOへの申し込みは利益が出しやすく、株式投資の中でも損をしづらく、大きな利益を出しやすい手法です。

ただ、通常は100株単位の申し込みであり、大きな資金が必要なことがネックでした。

誰でもIPOであれば少額から申し込みができ、資金が少ない投資家にもチャンスがあることは大きなメリットです。

ワンタップバイのメリットまとめ

  1. 1,000円で有名企業の株を買える
  2. とにかく簡単に株が買える
  3. 積立投資で利益を出しやすくなる
  4. 1株からIPOに申し込みができる

ワンタップバイの公式サイトはこちら

ワンタップバイのデメリット

ここまででワンタップバイのサービスとメリットについて紹介してきましたが、逆にデメリットは何かを見ていきましょう。

①チャートを見て取引ができない

ワンタップバイでは、3タップで簡単に有名企業の株が買えます。

ただし、一般的な株式投資のようにチャートを見ての取引はできません。

お手軽に投資を始められるという点がワンタップバイの魅力ではありますが、実践的な投資をしたい人には物足りない部分もあるかもしれません。

もし実践的な取引がしたいけど、まだお金がないという人は、一旦SBI証券などの口座開設の上、チャートが見れるアプリだけ先に手に入れておくのもありです。

その上でチャートを見ながら、株価が下落した日などにワンタップバイで株を買っていくと上手く少額から実践的な取引ができます。

②取引できる銘柄が限定されている

ワンタップバイでは多くの有名企業の株を買うことができますが、取引できる銘柄数には実際の株式市場に比べて限定されています。

もし、もっと多くの銘柄を少額から取引したい!という場合には、ネオモバを利用することもおすすめです。

ワンタップバイに比べてやや操作は複雑になりますが、1株単位の少額から非常に多くの株を取引することができます。

ライトニング
ライトニング
ただ、ネオモバでは米国株は買えないので、米国株の少額投資はワンタップバイで行いましょう!

③手数料がやや高い

ワンタップバイでは株を買う際には、スプレッドとして0.5%の価格が上乗せとなります。

例えば500円の株価の銘柄には、502.5円を実際には支払う必要があります。

実際の株式投資でSBI証券などを利用した場合は、手数料体系はワンタップバイとは違うものの約1/5程の手数料で利用できるため、ややワンタップバイの手数料は高めです。

しかし、少額からまずは投資に慣れるという意味合いでは、ワンタップバイは簡単かつ積立で利益を出しやすい仕組みを設けているため、初心者におすすめあることに変わりはありません。

ワンタップバイのデメリットまとめ

  1. チャートを見て取引ができない
  2. 取引できる銘柄が限定されている
  3. 手数料がやや高い

ワンタップバイの評判

SNSなどではワンタップバイはどのような評判なのでしょうか。

ライトニング
ライトニング
SNSで注目されている優秀投資家もワンタップバイは初心者に魅力的と感じています!

ライトニング
ライトニング
まだ銘柄数は少ないですが、、順次増えています!

ライトニング
ライトニング
野村や大和などの対面型証券に比べて圧倒的に手数料は安いですが、ネット型証券の手数料に比べるとワンタップバイの手数料はやや高い!

ただ、1,000円で株が買えるメリットは大きい

ワンタップバイの公式サイトはこちら

ワンタップバイの口座開設方法

ワンタップバイの口座開設方法は次の通りです。

  • STEP1
    口座開設の申し込み
    ワンタップバイの公式HPから口座開設の申し込みボタンをクリックします。

    ワンタップバイ公式HP

    メールアドレスを登録すると、口座開設案内メールが届きます。。

  • STEP2
    個人情報の登録
    届いたメールから個人情報の登録を行います。
  • STEP3
    本人確認書類の登録
    運転免許証などの本人確認書類をアップロードします。
  • STEP4
    口座開設完了
    口座開設手続き完了後、ID・パスワードが送付されます。

ワンタップバイの評判、メリット・デメリットのまとめ

本記事では「ワンタップバイの評判、メリット・デメリット」について書きました。

ワンタップバイ1,000円の定額で多くの日米の有名企業の株が買えるスマホ証券です。

スマホから簡単に少額投資ができるので、投資に興味があったけど難しそうで断念していた人にはおすすめのサービスですよ!

定期積立で利益を出しやすい設計があるのもおすすめポイントです。

この機にAmazon、Appleなど世界を代表する企業に投資してみましょう!

ライトニング( @lightningshift9)でした。

\TRY NOW/

ワンタップバイに今すぐ口座開設 1,000円の定額で有名企業の株が簡単に買える!