ロボアドバイザー

【超おすすめ!】THEO+ docomoの評判、メリット・デメリットまとめ!

ライトニング
ライトニング
この記事では「THEO+ docomoについて紹介します。

記事の中では、THEO+ docomoについて、本家THEOと比較しながら違いを紹介しています。

「どんな特徴があるの?」、「THEO+ docomoはメリットあるの?」というあなたの疑問に答えられる記事ですので、ぜひ参考にしてください!

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

最近話題になっているが全自動型ロボアドバイザー「THEO+docomo」です。

THEO+docomoは、株式会社お金のデザインが提供する「THEO」と「NTTドコモ」がコラボしたサービスであり、docomoユーザーにはさらに嬉しい資産運用サービスなんです!

はてなパンダ
はてなパンダ
そんなにいいの?
ライトニング
ライトニング
「THEO」×「docomo」のコラボは最強なんだ!

本記事では、THEOとdocomoがコラボしたお得な資産運用サービス「THEO+docomo」の評判、メリット・デメリットについて紹介します。

結論から言うと、THEO+docomoは以下の特徴があり、期待リターンが高く、docomoユーザーであればさらにメリットが大きいロボアドバイザーです!

THEO+docomoのポイント

5つの質問に答えるだけで始められる!

世界の株式・債券などに最適なバランスに分散し全自動で運用

過去からの検証では年利8.4%と高いパフォーマンスが期待できる

最低投資額は1万円

ドコモユーザー(特にdカードGOLD保有者)には資産額に応じて手数料割引やdポイント付与の優遇あり

ドコモユーザーはもちろんですが、そうでなくても個人的にはNo.1ロボアドバイザーと感じるTHEO+docomoは要チェックです!

\おまかせ資産運用/

THEO+docomo公式サイト 1万円から全自動でプロレベルの運用ができる!

\新規デビューキャンペーン中/

キャンペーン期間中にTHEO+docomoに口座開設完了すると、dポイントがもれなく200ptが貰えます!

5月15日~8月31日の期間限定なのでこのチャンスをお見逃しなく!

THEO+docomoについて

THEO+docomoは、1万円から利用できる全自動ロボアドバイザー「THEO」をベースにした資産運用サービスです。

THEO+docomoはいわば、THEOとdocomoのコラボ商品という位置づけとなっており、優秀なTHEOのサービスがdocomoユーザーは特にお得になるように設計されています。

それではここからはTEHO+docomoの運営、特徴などについて詳しく見てましょう。

①THEO+docomoの運営

THEO+docomoは株式会社お金のデザインが提供する資産運用サービスです。

株式会社NTTドコモは、投資家と株式会社お金のデザインの投資一任契約の仲介を行う存在となります。

したがって、THEO+docomo利用する際には、株式会社お金のデザインが契約の相手方となります。

ライトニング
ライトニング
細かい話だけど、あくまでNTTドコモは仲介という立ち位置です!

株式会社お金のデザインの会社概要は次の通りです。

商号 株式会社お金のデザイン
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2796号
本社 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1F
設立 2013年8月
資本金 100,000,000円
代表者 中村 仁
事業内容
投資運用業および投資助言・代理業ならびに第一種金融商品取引業
確定拠出年金運営管理業
加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会、日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会

もちろんですが金融商品取引業の資格は取得していますし、各種投資関係の協会にも加入しています。

また、株式会社お金のデザインは伊藤忠商事、新生銀行、東海東京ファイナンシャル・ホールディングスといった大手企業からの資金調達を行っており、資本背景からも安心感があります。

もちろんNTTドコモからも資金調達していますし、本サービスTHO+docomoでは、docomoの名前が前面に出ているので投資家としてはより安心感がありますね!

②THEO+docomoの仕組み

THEO+docomoは、AIがプロレベルの運用をしてくれる全自動型ロボアドバイザーです。

はじめ方はとても簡単で5つの質問に答えるだけです!

質問の結果から、一人一人に合った運用プランを提案し、プロとAIによるシステムが全自動で最適な資産運用をしてくれます。

資産運用を担うプロとAI(運用アルゴリズム)は次の通り、十分な経歴と強みがある体制となっています。

監修するプロ

①加藤康之:アカデミックアドバイザー。東京工業大学大学院修士卒業、京都大学博士。

1980年:野村総合研究所入社。ニューヨーク、ロンドン拠点の金融工学部門を経て、東京のシステムサイエンス部長。

1997年:野村證券(株)に転籍、金融工学研究センター長、フィデューシャリーサービス研究センター長。

2005年:野村證券(株)執行役。

2011年4月:京都大学大学院経営管理研究部 教授(専門は投資理論、金融工学)

2015年5月:同特定教授。

2019年4月:首都大学東京特任教授、京都大学客員教授。2016年5月から年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)経営委員。

②マット・スチュワードボックス:執行役員 投資プラットフォーム責任者

イギリス出身、ケンブリッジ大学数学修士。

1999年:バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・ジャパン)に入社。

2009年:マネージング・ディレクター。科学的アクティブ株式運用部門にて、日本株式の銘柄選択モデルの開発・運用及び株式定量運用(クォンツ)全般を統括。現在、東京大学大学院経済研究科にて日本経済の研究も行う。

まさに金融と投資のプロによる監修となっています。

運用アルゴリズム・機能
  1. リバランス:運用ポートフォリオの見直し、最適化は全て全自動
  2. Wノーベル賞理論:ノーベル経済学賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」と「資産価格の実証分析」の2つの理論を用いた運用アルゴリズム
  3. スマートベータ運用:CalPERS(カリフォルニア州公務員退職年金基金)など世界最大級の機関投資家も採用している手法「スマートベータ運用」を採択
  4. 機能ポートフォリオ:投資家の目的に合った資産運用を実現するために3つの「機能ポートフォリオ」を組み合わせて運用
  5. AIアシスト:市場の下落リスクを事前に予想するためにAIを活用した機能が搭載
  6. 税金最適化:負担を軽減するために独自のアルゴリズムを活用した2種類の税金最適化が自どうで行われる

この通りプロとAIが資産運用をおまかせでしてくれるため、THEO+odomoでは投資の知識がない個人でもプロ顔負けの投資を行うことができます。

実際に2007年からのシミュレーションでは、年利8.4%と高い運用リターンが得られたことが結果として出ています!

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットの成績は年利20%であり、一般的なプロの資産運用担当では年利8~10%程度と思われます。

しかしながら、THEO+docomoでは全てお任せでプロ並みの結果を残せることは、非常に大きなメリットであると言うことができます。

ライトニング
ライトニング
THEO+docomoのプロとAIの力だね!

③セキュリティ

THEO+docomoを提供する株式会社お金のデザインでは、本家THEO同様に投資家の大切な資産を守るために次の通り様々な対策を取り組んでいます。

THEO+docomoのセキュリティ対策

  1. 分別管理:THEO+docomoと投資家の資金を分けて管理
  2. 投資家保護資金:投資家一人当たり1,000万円まで補償
  3. 不正出金の防止:THEO+docomoへの登録名義と銀行口座名義の一致確認
  4. マイナンバー管理体制:マイナンバーはシステム・人的に厳格管理
  5. サイバーセキュリティ対策:通信の暗号化、攻撃検知ツールの導入

対策1:分別管理

THEO+docomoでは、投資家から預かった現金と同額を信託銀行に保管するとともに、運用中のETFについても米国の保管機関にて分別管理をしています。

これの分別管理により、万一テオが経営破綻したとしても、投資家に資産が返還されるような体制を取っています。

さらには、金融庁の検査や日本証券業協会の監査、監査法人によるチェックも定期的に受けています。

対策2:投資家保護資金

THEO+docomoでは投資家から預かっている資産は分別管理されているため安心ではありますが、それでも本当に預けた資産は安全なのか?と思ったりもしますよね?

仮にTHEO+docomoが破綻し、分別管理された資産が円滑に戻ってこないとしても、投資家保護基金により一人当たり1000万円までは資産が補償されます!

先ほど説明した分別管理と合わせて、THEO+ docomoに預けている資産は分別管理と投資者保護基金の二重の制度により、万が一の場合に備えて保護されています。

対策3:不正出金の防止

THEO+docomoでは、登録されている名義と同じ銀行口座名義にしか出金ができないようになっています。

そのため他人が不正アクセスが行い、自分の銀行口座を指定してもシステム上ブロックされるようにセキュリティ対策がされています。

対策4:マイナンバー管理体制

THEO+docomoで資産運用を行う際には、マイナンバーの提出が必要です。

大切な個人情報であるマイナンバーは、物理的・技術的に隔離された場所に保管するとともに、IDカードを付与された担当者のみがアクセスできる体制とし、厳格管理がされています。

対策5:サイバーセキュリティ対策

THEO+docomoでは投資家から預かっている資産を守るために様々なセキュリティ対策を行っています。

投資家が安心して取引出来るよう、通信の暗号化、複数の攻撃検知ツールの導入など、セキュリティ面については万全の対策を行っています。

THEO+docomoの公式サイト

THEO+ docomoの手数料・ポイント還元

それではここからはTHEO+ docomoの手数料・ポイント還元について、本家THEOとも比較しながら説明していきます。

まずは早速ですが、THEOとの比較表で対比してみましょう!

口座開設 最低投資額 積立投資額 引落 ポイント付与 基本手数料
THEO+ docomo THEO+ docomoに口座開設 1万円 1万円~ 銀行口座 dポイント付与 0.65~1%
THEO THEOに口座開設 1万円 1万円~ 銀行口座 なし 0.65~1%

大きな違いは「ポイント付与」、「手数料」です!

はてなパンダ
はてなパンダ
ポイント付与はわかるけど、手数料は何だろう?
ライトニング
ライトニング
説明していきます!まずはお得なポイント付与から!

①ポイント付与の違い

THEO+ docomoでは預けている資産額に応じてdポイントが毎月付与されます。

付与されるdポイントはドコモユーザーであれば通常の1.5倍付与されるようになっており、まさにドコモユーザーをえこひいきしている仕組みになっています。

運用金額 ドコモ回線をご利用でない方 ドコモ回線をご利用の方
50万円 600ポイント 900ポイント
100万円 1,200ポイント 1,800ポイント
300万円 3,600ポイント 5,400ポイント
1,000万円 12,000ポイント 18,000ポイント
はてなパンダ
はてなパンダ
なるほど、ドコモユーザーだとTHEO+ docomoのメリットは大きいね!
ライトニング
ライトニング
ポイント付与1.5倍は大きいからね!

②手数料

THEO+ docomonoも本家THEOも手数料は、預けている資産に応じて手数料が0.65~1.00%なのは同じです。

カラー 手数料 割引率 カラー基準額※1
ホワイト 1.00 %
(税別・年率)
ブルー 0.90 %
(税別・年率)
10 %
OFF
1万円以上50万円未満
グリーン 0.80 %
(税別・年率)
20 %
OFF
50万円以上100万円未満
イエロー 0.70 %
(税別・年率)
30 %
OFF
100万円以上1,000万円未満
レッド 0.65 %
(税別・年率)
35 %
OFF
1,000万円以上

ただし、THEO+ docomoでは、手数料割引を受けるための4つの条件があるんです。

手数料割引を受けるための4つの条件

  1. dカードGOLD会員
  2. 対象期間内に出金がない
  3. 毎月、通常積立をしている
  4. おつり積立をしている

この中で一番条件が厳しいのが「dカードGOLD会員」ですね。

逆に言えば、このdカードGOLD会員でなければ、THEO本家で積立をした方が、手数料割引メリットを享受しやすいと言えます。

【徹底解説】THEO(テオ)の評判、メリット・デメリットまとめ!ロボアドバイザー投資! こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 急速に拡大を見せている資産自動運用...

したがって、ドコモユーザーでdカードGOLD会員であればTHEO+ docomo、そうでなければ本家THEOの利用がおすすめですね!

THEO+ docomoと本家の違いとおすすめ

  • 〇:dポイント付与がお得
  • ×:dカードGOLD会員しか手数料割引を受けられない

結論:ドコモユーザーかつdゴールド会員はTHEO+ docomoがおすすめ!

THEO+docomoの公式サイト

THEO+docomoと他社サービスの比較

ここからはさらに他社サービスとTHEO+docomoを比較してみましょう!

最低投資額 期待リターン 手数料 手数料
割引
全自動 自動積立 アプリ
THEO+docomo 1万円 平均年利8.4% 1% 資産額に応じてあり ×
FOLIO ROBO PRO 10万円 平均年利8.5% 1% 資産額3,000万超は0.5% × ×
WealthNavi 10万円 平均年利3~11% 1% 資産額3,000万超は0.5%
利用期間に応じて0.9パー%まで割引
投信工房 100円 平均年利3~8% 1% なし ×
ON COMPASS 1,000円 平均年利3~8% 1% なし ×

ロボアドバイザーの比較は以下の記事でも行っていますが、ロボアドバイザーの中ではお手軽さ、期待リターンの面からTHEO+docomoが一番おすすめです!

さらにドコモユーザーであればさらにお得になるので、もしdカードGOLDを保有していれば迷うことなくTHEO+docomoをすべきでしょうね!

【2020年】AI投資のおすすめランキング5選【徹底比較】 こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 様々な分野で成長と活躍を見せている...

THEO+ docomoのメリット・デメリット

さて、ここからはTHEO+ docomoのメリットとデメリットを紹介していきます!

メリット

メリット①:全自動でプロ顔負けの投資ができる

THEO+ docomoでは、5つの質問に答えるだけでプロとAIが全自動で資産運用を行ってくれます。

難しい投資の知識や手間は不要ですし、忙しい人でもほったらかしで資産運用を行うことができます。

さらに、独自のアルゴリズムにより、平均年利8.4%と高いリターンとプロ顔負けの成績が期待できることは非常にメリットが大きいと言えます。

メリット②:1万円から投資ができる

THEO+docomoでは1万円から運用を始めることができます。

同種のロボアドバイザーの中には最低投資額が10万円のサービスもある中で、1万円から始められることはメリットと言えます。

また、毎月のお給料から貯蓄感覚で積立ができるので、運用を継続しやすいですね。

メリット③:資産額に応じてdポイントが付与される

THEO+ docomoでは運用資産額に応じて、dポイントが付与されます。

ポイントはドコモユーザーであれば通常の1.5倍付与されるため、ドコモのスマホを利用している人は、THEO+ docomoでのメリットを最大に享受できると言えます。

また、この付与されたdポイントはドコモの「dポイント投資」に回せば、投資のサイクルを上手く作り上げることができますよ!

【必見】dポイント投資の評判、メリット・デメリットまとめ! こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 余ったポイントを利用して投資を始め...

THEO+ docomoのメリットまとめ

  1. 全自動でプロ顔負けの投資ができる
  2. 1万円から投資ができる
  3. 資産額に応じてdポイントが付与される

THEO+docomoの公式サイト

デメリット

デメリット①:手数料の割引条件が厳しい

THEO+ docomoでは手数料の割引を受けるためには、最大の難関である「dカードGOLD」を保有している必要があります。

一方で、本家THEOでは手数料の割引を受けるための条件は、保有資産額がどれだけかだけなので、THEO+ docomoではややハードルが高いと言えます。

逆に、元々dカードGOLDを保有していれば、THEO+ docomoではdポイントの付与もありますので、メリットは非常に大きいと言えます。

ただ、手数料割引を享受できなくても、他社サービスの比較で紹介したように、THEO+docomoはロボアドバイザーの中では現状ではNo.1と思います。

デメリット②:NISA、iDeCoの対象にはならない

THEO+docomoは、税優遇があるNISAやiDeCoの対象にはなりません。

投資と同時に税優遇も狙いたい人にはデメリットと思われるかもしれません。

THEO+docomoのデメリット

  1. 手数料割引の条件が厳しい
  2. NISA、iDeCoの対象にはならない

THEO+ docomoの評判

THEO+ docomoはSNSではどのような評判なのか見てみましょう。

ライトニング
ライトニング
皆さんもTHEO+ docomoのメリットに気づいてますね!

ライトニング
ライトニング
相場の上げ下げで変動はありますが、投資において利益を出すためには、「長期」、「積立」、「分散」を徹底することが大切ですよ!

THEO+ docomoが特におすすめの人

ここまでTHEO+ docomoについて説明していきましたが、こちらではTHEO+ docomoが特におすすめな人について紹介します。

THEO+ docomoが特におすすめな人

  • ドコモユーザー
  • dカードGOLD保有者
  • 全自動ロボアドでほったらかし投資がしたい人
  • 投資の知識はないけどプロ顔負けのリターンを期待したい人
ライトニング
ライトニング
ドコモユーザーでdカードGOLD保有者には絶対おすすめ!

THEO+docomoの公式サイト

THEO+ docomoの始め方

それでは、実際にTHEO+ docomoを始めるための手順を紹介します。

  • STEP1
    資産運用方針の決定
    THEO+ docomoの公式HPにアクセスし、「ポートフォリオ診断」を行います。

    THEO+docomo公式サイトjin_icon_arrowcircle color=”#fff”]

    5つの質問に答えるだけで、年齢や金融資産額などから運用目的が推定され、一人ひとりに合わせた資産運用方針が設定されますよ。

  • STEP2
    口座申し込み
    ポートフォリオ診断が終わり、資産運用方針が決定したら、口座開設の申し込みを行います。

    申し込みは非常に簡単でスマホだけで最短3分で終わります。

    必要書類として本人確認書類などがありますので、事前に準備しておきましょう。

  • STEP3
    資産運用開始
    申し込みの内容に基づき審査が行われます。

    審査が完了すると簡易書留が届き、口座開設が完了となります。

    口座開設が完了すれば実際に資産運用をスタートしましょう!

はてなパンダ
はてなパンダ
オンラインで全て終わるんだ~
ライトニング
ライトニング
楽だね!

THEO+ docomoの評判、メリット・デメリットまとめ

本記事では「THEO+ docomo、メリット・デメリット」について書きました。

THEOは全自動型のロボアドバイザーであり、投資初心者でも投資の王道をおさえた運用ができる資産運用サービスであり、THEO+ docomoでも全く同じ内容のサービスを受けることができます。

THEO+ docomoは「ドコモユーザー」かつ「dカードGOLD保有者」であれば、dポイント付与が大きく、手数料割引も受けられ、本家THEOで運用するよりもメリットが大きくなります!

この記事を見たあなたがもしこの条件に当てはまっているのなら、ぜひ一度検討してみはどうでしょうか。

ライトニング( @lightningshift9)でした。