ソーシャルレンディング

【今話題!】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判、メリット・デメリットまとめ!株式投資型クラウドファンディング!

ライトニング
ライトニング
この記事では「FUNDINNO(ファンディーノ)」について紹介します。

記事の中では、ファンディーノの評判、メリット・デメリットについて、不動産クラウドファンディングが全く初めての人でもわかるようにまとめました。

ファンディーノは安全に投資できるの?仕組みはどうなってるの…?

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

非上場の会社へ投資が可能な「株式型クラウドファンディング」

株式投資型クラウドファンディングの中でも、「FUNDINNO(ファンディーノ)」は国内取扱いNo.1の会社です。

ファンディーノでは成長が楽しみなベンチャー企業へ投資ができるため、会社が大きく成長すれば投資家は莫大なリターンを得られる可能性があります。

はてなパンダ
はてなパンダ
うーん、普通の株式投資と何が違うの?
ライトニング
ライトニング
仕組みからメリットまで解説するよ!

本記事では、「FUNDINNO(ファンディーノ)」の仕組み、評判、メリット・デメリットについてまとめました。

ファンディーノはベンチャー企業の応援と将来のリターンを得られる「エンジェル投資」をしたい人には真っ先に登録してほしい、おすすめの株式投資型クラウドファンディングですよ!

FUNDINNO(ファンディーノ)について

まずはファンディーノの経営、仕組み、取り扱い案件について紹介をします。

①会社概要

ファンディーノは株式会社日本クラウドキャピタルにより運営されています。

株式会社日本クラウドキャピタルの会社概要は次の通りです。

商号 株式会社日本クラウドキャピタル
事業内容 第一種少額電子募集取扱業務
FUNDINNO(ファンディーノ)の運営業務
免許 第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第2957号
代表者 代表取締役CEO 柴原 祐喜
代表取締役COO 大浦 学
住所 東京都品川区東五反田5丁目25番18号
設立年月日 2015年11月26日
資本金 9億8897万9340円 ※2019年11月1日現在

株式会社日本クラウドキャピタルは2015年に設立され、2017年にファンディーノの運営を開始しました。

金融の専門家たちが集まり、株式投資型クラウドファンディングであるファンディーノは大きく成長していったというわけです。

②仕組み

ファンディーノは株式投資型クラウドファンディングであり、投資家からお金を集め、未上場の事業者(ベンチャー企業)への投資(払込)を行っています。

事業者は投資資金をもとにビジネスを前進させていく一方で、投資家は株主となりIR情報で事業の進捗を確認しながら将来のさらなる成長を楽しみに待つことになります。

ファンディーノの役割は、この投資家と事業者を結ぶプラットフォームというわけです。

また、ファンディーノが投資家から集めた資金は信託銀行に預ける「分別管理」をしていますので、万一ファンディーノが倒産しても投資家の資金は守られるようになっていますよ。

はてなパンダ
はてなパンダ
企業への投資だから株式投資と同じかな?
ライトニング
ライトニング
企業への投資は同じだけど、最大の違いは時間軸!

株式投資では上場企業へ投資が一般的であり、証券会社を通じて簡単に売買をすることができ、時間軸も最短で数分から最長で十数年というように、自分で株式の保有期間を決めることができます。

一方で、株式投資型クラウドファンディングのファンディーノでは未上場ベンチャー企業への投資となり、簡単に売買をすることはできず、長期投資が基本となります。

ファンディーノのような未上場ベンチャー企業へ投資し、将来の成長を見守る投資は「エンジェル投資」とも呼ばれていますよ。

エンジェル投資とは、創業間もないベンチャー企業に対して余裕資金を供給することで、将来の成長、それに伴う企業価値の高まりの恩恵を受けること言います。

②取扱い案件

ファンディーノが取り扱う案件としては、テクノロジー、ITといった先進分野が多いことが特徴です。

理由としては、ファンディーノはベンチャー企業への株式投資クラウドファンディングであるため、次世代を担う産業分野の企業が多いからですね。

具体的にはロボット社会の実現に向けた会社への投資であったり、以下のような「海中旅行」の実現に向けたプロジェクトを扱う会社への投資など、様々な夢があるベンチャー企業がありますよ。

はてなパンダ
はてなパンダ
夢があるね!
ライトニング
ライトニング
ビジネスが成功すれば、会社の価値もメチャクチャ上がりそうだね!

FANDINNO(ファンディーノ)のメリット・デメリット

それではここからは、ファディ―ノを利用するメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

メリット①:未上場企業へ投資が可能

証券会社を通じた株式投資の場合、購入できる株式は上場企業に限られます。

一方で、ファンディーノの株式投資型クラウドファンディングでは、今後の成長が期待される未上場企業へ投資をすることができます。

もちろん上場企業の中にも、これからの成長が期待される企業は多数ありますが、ファンディーノが扱うベンチャー企業は会社としてはさらに若く、数十倍~数百倍のポテンシャルを秘めた会社ばかりです。

未上場企業に投資ができるということは、次のように投資家に非常に大きなメリットが生じる可能性があるわけです。

会社が成長する=企業価値が上がる=株式の価値が上がる

今や大手企業となった「ユニクロ」、「ソフトバンク」などに超初期から投資をしているようなイメージですよ!

ちなみにユニクロの株価は20年で200倍になっています!

はてなパンダ
はてなパンダ
メチャクチャ夢あるね!

ライトニング
ライトニング
投資した10万円が将来2,000万円になる可能性もあるよね!

メリット②:社会問題に取り組むベンチャー企業を応援できる

ファンディーノの取り扱うベンチャー企業は、社会問題の解決に関わるビジネスを扱っている企業が多いことが特徴です。

自分の仕事(本業)ではなかなか社会問題の解決などに取り組めないけど、何かをしたいという思いを持っている人は、ベンチャー企業への投資で間接的に社会貢献をすることができます。

ベンチャー企業への投資は金銭的リターンのポテンシャルも高いことはもちろんですが、社会への貢献という形で精神的なリターンを得られることも大きなメリットだと思いますよ。

ライトニング
ライトニング
お金で得られないものもあるよね!

メリット③:企業によっては株主優待あり

ファンディーノの投資先のベンチャー企業の一部は、株主優待を設置している会社もあります。

株主優待には次のメリットがあり、長期投資によりベンチャー企業の投資を応援しようという気持ちが強くなりますよ。

  • 投資先の活動をより知ることができる
  • 実際にサービス、物を体験できる
ライトニング
ライトニング
投資先の会社への愛情が深まります!

メリット④:エンジェル税制が利用可能

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を行った個人投資家に対して税の優遇措置を行う制度を言います。

具体的には中小企業庁HPにある「企業応援税制」を見てほしいのですが、簡単に言うとベンチャー企業への投資時、株式売却時に所得税の控除を受けられます。

  • ベンチャー企業の応援
  • 将来の成長からの投資リターン
  • 税制の優遇措置

社会貢献の後押しによる精神的な豊かさ、金銭的リターン、税負担の軽減まで受けられるファンディーノによる投資は、正直メリットが非常に大きいと思いますね。

ファンディーノのメリットまとめ

  1. 未上場企業へ投資可能
  2. 社会問題の解決に取り組むベンチャー企業を応援できる
  3. 企業によっては株主優待あり
  4. エンジェル税制が利用可能

FUNDINNOの無料登録はこちら >

デメリット

デメリット①:最低投資額が10万円

ファンディーノにおける最低投資額は10万円と正直敷居は低くありません。

そのため投資中級者以上向けの投資と言えます。

最低投資額の面から、最初の投資のハードルはやや高めですが、将来のリターンにおけるポテンシャルが非常に高いため、もしお金が余裕があればファンディーノを通じてベンチャー企業へ投資をすることは面白いと思います。

デメリット②:資金拘束がある

ファンディーノにおける投資はベンチャー企業への長期投資が前提となっており、一度投資をした後は簡単に資金を引き揚げることができません。

また、投資期間中に投資先のベンチャー企業にトラブルが生じたり、最悪の場合倒産すれば投資資金が元本割れする可能性も十分にあります。

そのため、ファンディーノに投資をする際には資産の大半をつぎ込まずに、あくまで余裕資金で分散投資の一部として扱うことが重要です。

分散投資はファンディーノに限らず、投資全般において基本となるので絶対に覚えておきましょう!

デメリット③:元本割れのリスクがある

ファンディーノにおけるベンチャー企業への投資は将来の大きなリターンの潜在性は高い一方で、ビジネスが失敗し、最悪の場合には会社が倒産するリスクもあります。

投資初心者は特にリターンにこだわる傾向がありますが、投資をする上では必ずリスクがあることは認識しておくことが大事です。

ただ、ファンディーノの扱うベンチャー企業はポテンシャルが高いので、余裕資金の範囲で投資をすることは非常に面白いですよ。

ファンディーノのデメリットまとめ

  1. 最低投資額が10万円
  2. 資金拘束がある
  3. 元本割れのリスクがある

FUNDINNOの無料登録はこちら >

FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

SNSではファンディーノはどのような評判なのでしょうか?

ライトニング
ライトニング
ファンディーノの投資は夢がありますよね!

ライトニング
ライトニング
将来の成長、リターンが楽しみなのがエンジェル投資!

FANDINNO(ファンディーノ)が特におすすめな人

ファンディーノは、特に次の人におすすめです。

ファンディーノが特におすすめな人

  • 余裕資金があり、将来の大きなリターンを得たい人
  • ベンチャー企業を長期的に応援したい人
  • 投資を通じて社会貢献をしたい人
ライトニング
ライトニング
余裕資金があって、長期的に応援した人に一番おすすめ!

FUNDINNO(ファンディーノ)の始め方

ファンディーノの始め方は次の通りとなります。

  • STEP1
    公式HPから投資家登録申請

    ファンディーノの公式HPから「今すぐ投資家登録をする」ボタンをクリックします。

    FUNDINNO公式HP >

    投資家登録の際には本人確認書類が必要となりますので準備しましょう。

  • STEP2
    審査
    入力したデータと本人確認書類との照合がファンディーノにより行われます。

    登録内容の審査が終了次第、FUNDINNOサポートから確認メールが届きます。

  • STEP3
    アクティベーション
    審査終了後に本人限定受取郵便で届くアクティベートコードを、 同封文書に書かれた手順に従って入力します。

    入力が完了すると、投資家登録は終了となります。

  • STEP4
    登録が完了すると募集中の案件に投資申込みができます。

    案件は事前開示されいるので、 ビジネスモデルやリスクをよく確認の上、投資先企業を選択しましょう!

はてなパンダ
はてなパンダ
オンラインで全て終わるんだ~
ライトニング
ライトニング
楽だね!

FUNDINNO(ファンディーノ)のよくある質問

ここまでファンディーノについて紹介しましたが、こちらではよくある質問について回答します。

①申し込みは先着ですか?抽選ですか?

ファンディーノの投資案件は先着となります。

FUNDINNO(ファンディーノ)のまとめ

本記事では「FUNDINNO(ファンディーノ)」について書きました。

ファンディーノは将来有望であり成長が楽しみなベンチャー企業へ投資ができる、株式投資型クラウドファンディングの会社です。

ベンチャー企業に初期段階から投資ができ、企業の成長とともに将来の大きなリターンの可能性もあるため、精神的な豊かさと金銭的な収益も得ることができることが大きな特徴です。

余裕資金がある人は、株式投資型クラウドファンディングでは取扱いNo.1のファンディーノが絶対おすすめですよ!

ライトニング( @lightningshift9)でした。

FUNDINNOの無料登録はこちら >

【要注目】CREAL(クリアル)の評判、メリット・デメリットまとめ!1万円からできる不動産クラウドファンディング こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 少額から不動産投資が可能な「不動産...
【高い安定感】OwnersBook(オーナーズブック)の評判、メリット・デメリットまとめ!貸し倒れ、遅延のリスクは? こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 着々と成長を続ける注目の投資「ソー...