ソーシャルレンディング

【業界最大手】ソーシャルレンディング「maneo」の評判、メリット・デメリットまとめ!貸し倒れ、延滞の不安は?

ライトニング
ライトニング
この記事では「maneo」について紹介します。

内容としては、業界最大手のシェアを誇るmaneoの評判、メリット・デメリットについて、ソーシャルレンディング初心者でもわかりやすいようにまとめました。

maneoでの投資リスクはどうなの…?

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

着々と成長を続ける注目の投資「ソーシャルレンディング」。

ソーシャルレンディング事業者の中でも、2008年に設立され歴史も長い「maneo」は業界最大手の実績を誇っています。

はてなパンダ
はてなパンダ
規模感は大きそうだけど、どういう会社なの…?
ライトニング
ライトニング
会社概要から徹底解説します!

本記事では、全くmaneoのことを知らない初心者でもわかるように、maneoの評判、メリット・デメリットについてまとめました。

この記事でmaneoの特徴をつかんで、ソーシャルレンディングの足掛かりにしてみてください。

maneoについて

まずは、maneoがどのような会社なのかを紹介します。

①会社概要

maneoは、2008年にサービスを開始したソーシャルレンディング事業者です。

商号 maneoマーケット株式会社
事業内容 「maneo(マネオ)」をはじめとしたソーシャルレンディングサービスサイトの運営、募集の取扱い(取得勧誘)、投資家の管理を担当します。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号
代表者 佐藤 友彦
住所 東京都千代田区内幸町1丁目1番7号 日比谷U-1ビル
設立年月日 2007年8月30日
資本金 308,518,500円
主要株主 NLHD株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
株式会社VOYAGE VENTURES
MICイノベーション4号投資事業有限責任組合
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合
Spiral Ventures Japan Fund 1号投資事業有限責任組合
アイビス新成長投資事業組合第4号
池田泉州キャピタルニュービジネスファンド4号、5号投資事業有限責任組合
SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合

maneoは10年以上の歴史があり、ソーシャルレンディング事業者の中では古参となっています。

この長い歴史もあり、成立した投資案件の総額は事業者トップの1,600億円超となっています。

また、これまでに募集した案件も1万4,000件を超えており、maneoへの登録者も8万7,000人を超えており、ソーシャルレンディング事業者の中でも頭一つ飛びぬけています。

maneoのソーシャルレンディング事業としては、他の会社と基本の仕組みは同じであり、投資家と借り手を結ぶ事業を行っています。

②財務状況

maneoは業界最大手の実績も魅力ですが、財務状況も抜群であり、こちらもmaneoの魅力となっています。

maneoの平成30年度の貸付金額は350億円超であり、純利益は約4.7億円となっています。

これは前期比で貸付金額は2.2倍、純利益は2.3倍の数字です。

ソーシャルレンディング事業者は仲介手数料で儲けていますので、利益率は正直高くはありませんが、maneoはその中でもしっかりと成長していることがわかります。

また、maneoはソーシャルレンディングのプラットフォームをmaneoファミリーと呼ばれるソーシャルレンディング事業者に提供しており、こちらの使用料の収入があることも、安定収益に繋がっています。

maneoファミリーとは、maneoのプラットフォームを使用しているソーシャルレンディング事業者を指します。

ファミリーと名前がついていますが、ほとんどの会社はmaneoとの間に資本関係はありません。

今後もソーシャルレンディング業界の成長とともに、さらなるmaneoの成長も期待されるところです。

はてなパンダ
はてなパンダ
しっかり成長しているのは好感度高いね!
ライトニング
ライトニング
ソシャレン事業者の財務内容は大切だからね!

ただし、国内最大手だからと言って必ずしも安心というわけではなく、maneoは2018年に資金募集の際に虚偽の説明(実際に集めた投資資金が説明と異なる目的に使用された)を行ったとして、金融庁から業務改善命令を受けいています。

また、集めた資金が本来と異なる目的に使用されたと、投資家がmaneoに対して損害賠償を目的とした集団訴訟を起こしています。

今後の状況を見守りながら、maneoのより堅実な運営体制となることを期待するとともに、投資家自身が分散投資をすることが大切と言えます。

③取扱案件

maneoの募集案件は大きく分けて次の2つが主力となっています。

maneoの主な募集案件

  1. 不動産担保型ローンファンド:利回り5~6%
  2. 事業性資金ローンファンド:利回り8~9%

不動産担保型ローンファンドは、その名の通り不動産を担保とする貸付案件です。

一方で、事業性資金ローンファンドは、担保の有無は案件ごとによりますが、企業のの運転資金などを貸付案件です。

また、これらとは別に高リスク(無担保)で利回り10%を超える案件や、maneoファミリーの他事業者が集めきれなかった案件をセレクトファンドとして募集することもあります。

投資初心者はリスクが低いと考えられる不動産担保型ですが、ご自身の経験、考えをもとに分散投資をしていくことをおすすめします。

maneoのメリット・デメリット

それではここからは、maneoを利用するメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

メリット①:maneoファミリーとの会員連携サービスが楽!

2017年からmaneoに登録した会員情報データを、maneoファミリーと共用する「会員連携サービス」を開始しています。

これによりmaneoに投資家登録を完了すれば、いちいち他のmaneoファミリーで投資家登録をする手間がなくなりました。

maneoファミリー→maneo本体への逆の流れでは投資家情報は共用されません。

会員連携サービスを行う際は必ずmaneo本体へ投資家登録をしましょう。

メリット②:募集案件が豊富で少額・短期間から投資が可能

maneoはソーシャルレンディング事業の歴史が10年以上であり、業界最大手ということもあり、その募集案件も非常に豊富です。

また投資金額も数万円の少額から申し込みが可能であり、投資期間も3か月~1年程度のものも多く、短期での投資が可能です。

少額かつ、投資期間が短ければ、その分リスクが低くなるので、初心者にも始めやすいというメリットがあります。

メリット③:名目利回りの分配金を毎月受け取れる

投資案件ごとに決められた分配金を毎月受け取ることができ、お金が増えていく楽しみ、投資の楽しみを実感することができます。

はてなパンダ
はてなパンダ
毎月が楽しみだね!
ライトニング
ライトニング
投資って楽しい!と思えるよ!

メリット④:会員ステータス制度がある

maneoでは投資口座残高に応じて、会員ステータスが下記の通りあります。

会員ステータス 判定条件 保留期間
ダイヤモンド 3,000万円以上 1年
プラチナ 1,000万円以上3,000万円未満 6カ月
ゴールド 500万円以上1,000万円未満 なし
ブロンズ 100万円以上500万円未満 なし
レギュラー 500万円未満 なし

投資残高は貸出元本と口座残高の合計となっており、ダイヤモンド、プラチナは条件を満たしていなくても上記の期間はステータスが維持されることになります。

会員ステータスごとに特別に開示される案件がありますので、投資の励みにもなる制度ですね。

はてなパンダ
はてなパンダ
お金を増やす楽しみがあるね!
ライトニング
ライトニング
ダイヤモンド目指して頑張ろう!

maneoのメリットまとめ

  1. maneoファミリーとの会員連携サービスが楽!
  2. 募集案件が豊富で、少額・短期間から投資家が可能
  3. 名目利回りの分配金を毎月受け取れる
  4. 会員ステータス制度がある

デメリット

デメリット①:業務改善命令を受けている

maneoは2018年に虚偽の説明をしたとして、金融庁から業務改善命令を受けています。

虚偽の説明の内容としては、借り手が集めた資金を本来の目的と異なる用途に使用していたということでした。

maneoはその後改善策として、案件の選定・管理といった運営体制を見直し・向上させていくと発表しています。

業界最大手と言えど、このような投資リスクがあることは投資家自身が認識し、ソーシャルレンディング事業者を含めた分散投資を心掛ける必要があります。

業務改善命令を受けるということは、運営体制が改善されるので、必ずしも悪いことだけというわけではありませんが、これまでに問題があったということに違いはありませんので、投資家としては運営体制の向上を切に願います。

また、一部の投資家から損害賠償を受けている事実もありますので、今後の展開を見守る必要があります。

デメリット②:貸し倒れ、遅延のリスクがある

maneoは2008年からサービスを開始しており、事業の歴史も長く、当初個人向けの投資案件も扱っていたこともあり、初期段階は貸し倒れが見られました。

また、その後も数件の貸し倒れは発生しているのが現状です。

支払い遅延についても発生している案件もありますので、業界最大手のmaneoで投資をするとしても、貸し倒れ・支払い支援のリスクがあることは常に頭に入れておきましょう。

加えて、余裕資金でソーシャルレンディング事業者、募集案件単位での分散投資をすることも大切です。

デメリット③:資金拘束がある

ソーシャルレンディング全般に言えることですが、募集案件に対して投資を行うと、案件の期間が終わるまでは資金が拘束されます。

案件によって拘束期間は異なりますが、2~3年の資金拘束期間のものもあり、この期間に世界情勢、担保の不動産価値が変動する可能性もあります。

また、自分の経済状況自体も変化する可能性があるので、自分の経済的余力、案件のリスクなどはしっかりと精査する必要があります。

maneoのデメリット

  1. 業務改善命令を受けている
  2. 貸し倒れ、遅延のリスクがある
  3. 資金拘束がある

maneoの無料登録はこちら

maneoの評判・口コミ

SNSではmaneoはどのような評判なのでしょうか?

ライトニング
ライトニング
やはり延滞はリスクありますね…

ライトニング
ライトニング
そもそも遅延はない方がいいですが、解決に向かっている案件もあります。

重なる遅延や、業務改善等のトラブルもあるので、ゆっくりと見守りながらmaneoでの投資を行うという目線がいいかもしれませんね。

maneoが特におすすめな人

maneoは、特に次の人におすすめです。

maneoが特におすすめな人

  • 幅広い案件から選んでいきたい人
  • 少額、投資期間が短い案件から選びたい人
  • 会員ステータス制度に魅力を感じる人
ライトニング
ライトニング
ステータス制度がゲーム感覚で面白よね!

maneoの始め方

maneoの始め方は次の通りとなります。

  • STEP1
    公式HPで投資家登録
    maneoの公式HPから投資家登録を行います。

    maneoの無料登録はこちら

    登録は非常に簡単で5分で終わります。

  • STEP2
    本人確認キーを入力
    はがきが自宅に届くので、記載された「ご本人様確認キー」をWEB入力します。
  • STEP3
    投資用資金の入金
    「投資口座」に投資用資金を入金します。
  • STEP4
    投資を実行
    自身で案件ごとの説明を読み、リスクを精査しながら投資を実行します。
はてなパンダ
はてなパンダ
オンラインで全て終わるんだ~
ライトニング
ライトニング
楽だね!

maneoのよくある質問

ここまでmaneoについて紹介しましたが、こちらではよくある質問について回答します。

①手数料はかかりますか?

maneoでは振込入金の際にかかる振込手数料がかかります。

逆に投資口座から銀行口座にお金を払い戻す際の振込手数料もかかります。

②投資口座を開設するための条件はありますか?

口座開設をするためには以下の全てを満たす必要があります。

  1. 申請段階で20歳以上、75歳未満
  2. 日本在住で在留資格を有している
  3. maneoマーケットの審査を通過

maneoのまとめ

本記事では「maneo」について書きました。

maneoは、ソーシャルレンディング事業者としての歴史が長く、多くの案件実績がある会社です。

ただ、取扱い規模も国内最大級ですが、業務改善命令を受けいていたり、支払い遅延が発生しています。

maneoの今後の行方を見守りながら、ソーシャルレンディング事業者、案件含めて分散投資をしていくことをおすすめします。

ライトニング( @lightningshift9)でした。

maneoの無料登録はこちら

【安定】SBIソーシャルレンディングの評判、メリット・デメリットまとめ!貸し倒れ、遅延のリスクは? こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 ますます盛り上がりを見せてきている...

ちなみに、ほったらかしで投資をしながら安定した利回りを得たいなら1円から投資ができるFundsがおすすめ!

Fundsは伊藤忠商事など大手企業が出資していることから安心の運営ですし、取り扱う案件の投資先は東証一部上場が中心!

はてなパンダ
はてなパンダ
ほったらかしで安心して投資ができるね♪
ノース
ノース
最近はタイムセールも始まって、お得に投資ができるよ!

安心感があるFundsで、あなたもお得に投資を始めませんか!?

\ほったらかしで投資/ Funds公式HP 1円から安定感の高い投資!


ぜひこの機会にFundsで投資を始めましょう!

Funds