ソーシャルレンディング

【高利回り】LENDEX(レンデックス)の評判、メリット・デメリットまとめ!

ライトニング
ライトニング
この記事では「LENDEX(レンデックス)」について紹介します。

記事の中では、LENDEXの評判、メリット・デメリットについて、ソーシャルレンディングが全く初めての人でもわかるようにまとめました。

LENDEXは安全に投資できるの?仕組みはどうなってるの…?

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

着々と成長を続ける注目の投資「ソーシャルレンディング」

ソーシャルレンディング事業者の中でも、2017年7月にサービスを開始した「LENDEX(レンデックス)」はソーシャルレンディング投資歴が浅い人におすすめの会社です。

はてなパンダ
はてなパンダ
他のソシャレン事業者と違うの?
ライトニング
ライトニング
うん!そのあたりを記事でまとめたよ!

本記事では、「LENDEX(レンデックス)」の仕組み、評判、メリット・デメリットについてまとめました。

ソーシャルレンディングに興味はあるものの、一歩踏み出せない人にもLENDEXはおすすめですよ!

LENDEX(レンデックス)について

まずは、LENDEXがどのような会社なのかを紹介します。

①会社概要

LENDEXの会社概要は次の通りです。

商号 株式会社LENDEX
事業内容 ソーシャルレンディング事業
金融商品取引業者 第二種金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2460号
代表者 深澤 克己
住所 東京都渋谷区渋谷二丁目1番11号 郁文堂青山通りビル5階
設立年月日 2000年8月1日
資本金 110,000,000円

LENDEXは2017年にソーシャルレンディングのサービスを開始した会社であり、その歴史もまだ浅く、業界大手のSBIソーシャルレンディングなどに比べては小ぶりな会社です。

ソーシャルレンディング事業としては、他の会社と基本的に仕組みは同じであり、投資家と借り手を結ぶ投資サービスを提供しています。

投資家はLENDEXのファンドに投資を行い、LENDEXは対象の事業者にお金を貸し付けます。

そして、事業者は貸付金をもとに不動産に投資をしていく流れとなっております。

LENDEXの場合、取り扱う案件が不動産投資が多いことが特徴です。

投資を行った投資家は、LENDEXが事業者から得た貸付金の利息を、出資金に応じて分配されるという形になります。

②LENDEXの取扱い案件

上述しましたが、LENDEXは不動産投資を主に取り扱っています。

そのため投資家としてもLENDEXの取扱い案件を見ていけば、不動産投資型のソーシャルレンディングの仕組みがよく理解できるようになります。

というのも、他のソーシャルレンディング事業者では、様々な事案を取り扱っており、一体どのような形態のものか初心者の内は理解しにくいからです。

また、LENDEXは東急リバブルとも提携いることからも、不動産投資に力を入れており、その知見も十分に保有していると考えられます。

東急リバブルと提携

はてなパンダ
はてなパンダ
CMでも御馴染みの東急リバブル!
ライトニング
ライトニング
東証一部上場の「東急不動産HD」の子会社だね!!

LENDEXのメリット・デメリット

それではここからは、LENDEXを利用するメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

メリット①:高利回りの投資案件が多い

LENDEXの投資案件は、利回りが7~10%のものが多く、他のソーシャルレンディング事業者に比べて高利回りな案件が多いことが特徴です。

中には利回りが13%と非常に高い案件もあり、銀行への預金金利がほぼゼロに近い今の時代では、とても魅力的な金利となっています。

ただし、高利回りな案件は無担保(連帯保証はあり)なものが多く、貸し倒れが発生した時には担保が何もないため、連帯保守人の弁済余力によっては、投資したお金が返ってこない可能性があります。

そのため、高利回りだかと言って飛びつかず、案件のリスクを把握した上で分散投資を行うことをおすすめします。

メリット②:投資期間が短い

LENDEXの取り扱う案件は投資期間が1年以内と非常に短期なものが大半です。

中には投資期間が2~3か月とい超短期もあります。

そのため、高利回りの案件で無担保と言えど、投資期間で考えるとリスクは緩和される傾向にあります。

投資は余裕資金で行うことが前提ではありますが、短期でお金を回転していきたい投資家にとっても投資期間の短さは魅力的です。

メリット③:2万円から投資が可能

LENDEXが取り扱う案件は、最低投資金額が2万円のものが大半を占めます。

そのため、投資初心者、若い世代の人でも投資を気軽に行うことができます。

また、最低投資金額が低ければ分散投資を実施しやすいこともメリットの1つです。

メリット④:第三者による不動産査定結果を利用

LENDEXでは、担保不動産の評価の際に、LENDEX独自で評価するのはもちろんですが、第三者による査定も行っています。

両社の査定価格を比較して、低い方の価格の80%を上限としてファンドを組成して融資金額を投資家から集めています。

はてなパンダ
はてなパンダ
自社だけでなく、第三者の目線が入っているのは安心だね!
ライトニング
ライトニング
上限金額を80%と保守的にしているのも大きいよ!

メリット⑤:貸し倒れ、延滞の実績なし

LENDEXの取り扱う案件において、2019年までの実績では貸し倒れ、延滞ともに発生していません。

大手ソーシャルレンディング事業者の取扱い案件でも、貸し倒れ、延滞は発生していますので、LENDEXのこの実績は高評価に値します。

ただし、今後の状況、特に不動産投資をメインとするLENDEXでは、不動産価値が激変する時期では貸し倒れが発生する可能性もあり、常にリスクは念頭に入れておくことが重要です。

LENDEXのメリットまとめ

  1. 高利回り(8~13%)の投資案件が多い
  2. 投資期間が短い(1年以内、最短は2~3か月)
  3. 2万円から投資可能
  4. 第三者による不動産査定結果を利用
  5. 貸し倒れ、延滞の実績なし(2020年1月時点)

LENDEXの無料登録はこちら >

デメリット

デメリット①:不動産市況の影響を受ける

LENDEXの取り扱う案件は不動産投資であり、不動産市況の影響を受けます。

また、取得している担保も不動産が多く、不動産市況が値上がりしている時は問題ありませんが、景気の影響、天災・事件の影響などにより不動産市況が急落する可能性もあります。

そのため、高利回りだからと言って集中投資を行うことなく、少額の分散投資を行うことが大切です。

LENDEXの中でも分散投資を行うことはもちろんですが、他のソーシャルレンディング事業者が取り扱う不動産以外の案件に対しても分散投資を行うことをおすすめします。

はてなパンダ
はてなパンダ
リスク管理は大切なんだね~
ライトニング
ライトニング
事業者、案件の両方のリスクを考えていきたいね!

デメリット②:資金拘束がある

LENDEXだけでなく、ソーシャルレンディング全般でも言えることですが、募集案件に対して投資を行うと、案件の期間が終わるまでは資金が拘束されます。

また、自分の経済状況自体も変化する可能性があるので、自身の経済的余力、案件のリスクなどはしっかりと精査する必要があります。

LENDEXは投資期間が短い案件が多いですが、くれぐれも無理のないようにしましょう!

ライトニング
ライトニング
生活を脅かすような投資はだめだよ!

LENDEXのデメリットまとめ

  1. 不動産市況の影響を受ける
  2. 資金拘束がある

LENDEXの無料登録はこちら >

LENDEXの評判・口コミ

SNSではLENDEXはどのような評判なのでしょうか?

ライトニング
ライトニング
LENDEXでの投資を楽しんでいますね!

ライトニング
ライトニング
LENDEXは人気なんですよね~、つまり信頼が厚い!

LENDEXが特におすすめな人

LENDEXは、特に次の人におすすめです。

LENDEXが特におすすめな人

  • 高利回り案件でリスクを把握しながら積極運用したい人
  • 短期の投資期間で投資をしたい人
  • 不動産投資に興味がある人
  • 投資初心者の人(少額、短期で投資できるため)
ライトニング
ライトニング
高利回り、短期なのが一番ポイントだね!

LENDEXの始め方

LENDEXの始め方は次の通りとなります。

  • STEP1
    公式HPで仮登録

    LENDEXの公式HPから仮登録の申し込みを行う。

    LENDEXの無料登録はこちら >

  • STEP2
    仮登録後マイページへログイン
    仮登録を完了すると、メールが送られてきますので、メールのリンクからマイページへログインします。
  • STEP3
    必要書類をWEB提出
    WEBで本人確認書類、口座確認などの画像をアップロードします。
  • STEP4
    認証コードの受け取り
    認証コードが郵送されますので、マイページで認証コードを登録すれば登録が完了します。
  • STEP5
    投資を実行
    投資案件の詳細を確認して投資を実行しましょう!
はてなパンダ
はてなパンダ
オンラインで全て終わるんだ~
ライトニング
ライトニング
楽だね!

LENDEXのよくある質問

ここまでLENDEXについて紹介しましたが、こちらではよくある質問について回答します。

①手数料はかかりますか?

LENDEXでは振込入金の際にかかる振込手数料がかかります。

それ以外には手数料はかかりません。

②投資口座を開設するための条件はありますか?

口座開設をするためには以下の全てを満たす必要があります。

  1. 申請段階で20歳以上、75歳未満
  2. 日本国内に在留資格を有しており、居住地が日本国内の人
  3. 取引約款等に同意していただける人
  4. LENDEXの審査に通過

LENDEXのまとめ

本記事では「LENDEX」について書きました。

LENDEXは、投資期間が最短で2~3か月のものがあり、2万円から投資できるので、投資初心者にもおすすめができる事業者です。

また、運用利回りが10%を超える案件も多いので、リスクを考えながらも、リターンを狙いたい人にもおすすめです。

LENDEXから投資についての知見を広げていくのはかなりおすすめですよ!

ライトニング( @lightningshift9)でした。

LENDEXの無料登録はこちら >

【安定】SBIソーシャルレンディングの評判、メリット・デメリットまとめ!貸し倒れ、遅延のリスクは? こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 ますます盛り上がりを見せてきている...