米国株銘柄分析

Google(アルファベット、GOOGL)の株価推移は?チャートを見ながら今後の見通しを徹底解説!

ライトニング
ライトニング
この記事では「Google(アルファベット、GOOGL)の株価について紹介します。

記事の中では、Googleの株価推移と見通し、業績分析、配当金について書いています。

「Googleの株価は今後どうなるの?」、「業績はいいの?配当利回りはどう?」というあなたの声に答えられる記事なのでぜひ参考にしてください!

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

ネット上で全ての疑問に答えてくれる「Google(グーグル)」

今では検索だけでなく、Gmail、Youtubeなど様々な事業を運営をしているGoogleですが、投資家として気になるのは株価推移ですよね。

はてなパンダ
はてなパンダ
株価はどうなっていくの?配当金、優待もあるのかな?
ライトニング
ライトニング
投資家目線で気になるところを徹底解説します!

本記事では、Google(アルファベット)の株価の見通しについて紹介します。

業績分析、配当金にも触れながら、チャートを徹底分析していきますので、ぜひ参考にしてください!

ライトニング
ライトニング
結論から言うと、緩やかに2,000ドルを突破しそう!

Google(GOOGL)について

まずはGoogleの会社概要から見てみましょう。

会社名 アルファベット
ティッカー GOOGL
セクター 情報技術(Information Technology)
事業内容 Google及びインターネット製品の運営

Googleはアルファベット(Alphabet Inc)の子会社であり、NY市場に上場している株もアルファベットです。

アルファベットの認知度よりもGoogleの認知度が高いため、本ブログでは便宜的にGoogleという形での明記をしている部分があります。

Googleの事業としては、検索、広告、地図、Youtube、Androidなど多岐に渡っており、昔の検索だけというイメージからは大きく変わっています。

まさに普段の生活でGoogleに触れないことはなというほど、Googleの事業は拡大したとも言うことができますね。

Google(GOOGL)の株価推移とチャート

Google(アルファベット)の株価をチャートを見ながら解説していきます。

<Googleの日足>

Googleの日足を見てみると、20年2月までは順調に株価は推移していましたが、20年3月にはコロナショックにより株価は大幅下落してしまいました。

1,500ドルであった株価は1,000ドルまで下落し、まさに株価は2/3になりました。

その後は市場の反発とともにGoogleの株価も切り返し、直近は1,400ドルで推移しています。

はてなパンダ
はてなパンダ
厳しい下落だったけど、なんとか切り返してきてるね!
ライトニング
ライトニング
長期チャートも見てみようか!

<Googleの月足>

Googleの月足は右肩上がりの美しいチャートです!

2014年から株価は移動平均線に支えられて、きれいに上昇を続けています。

最安値だった500ドルから考えると、約3倍まで株価は上昇しており、Googleの業績成長とともに株価も上昇してきたことがわかります。

  • 日足:コロナショックで下落はしたが、株価は反発推移
  • 月足:移動平均線に支えられながら株価は上昇中

Google(GOOGL)の業績分析

Google(アルファベット)の業績について、業績推移、キャッシュフローを見ていきましょう。

①業績推移

Google(アルファベット)の業績推移は次の通りです。

売上高 営業利益 純利益 EPS 1株配当
16年12月 90,272 23,716 19,478 28.32 0.00
17年12月 110,855 26,178 12,662 32.45
18年12月 136,819 27,524 30,736 44.22
19年12月 161,857 34,231 34,343 49.59
20年12月 169,311 29,381 42.17 0.00

売上高は右肩上がりに増加しており、利益も同様に増加しており、まさに理想的なグロース企業の業績推移です。

  • 売上高は5年平均約+22%成長
  • 利益は5年平均は約+13%成長

②キャッシュフロー推移

Googleのキャッシュフロー推移は次の通りです。

営業CF 投資CF 財務CF
16年12月 36,036 -31,165 -8,332
17年12月 37,091 -31,401 -8,298
18年12月 47,971 -28,504 -13,179
19年12月 54,520 -29,491 -23,209

キャッシュフローの流れも、しっかりと営業キャッシュフローが増加傾向であることが評価できます。

一方で、投資、財務キャッシュフローは基本的にマイナスになっており、新規の投資、借入金の返済がなされており、お金の流れは万全ですね。

キャッシュフローについても理想的な推移と言うことができます。

③今後の成長

Googleの親会社であるアルファベットは収益の大半をGoogleの広告料で稼いでいます。

今後Google(アルファベット)がさらなる成長をするためには、さらに広告料を得られるように、収益を稼げるサービスを作り出す、または自動運転事業であるWaymoなどの商業化をしていくことが必要です。

Googleの今後の成長の鍵

  • 広告料を得られる新規サービスの推進
  • Waymoなどの新規ビジネスの商業化
はてなパンダ
はてなパンダ
グーグルの広告料は盤石だけど、親会社のアルファベットとしては次の収益の柱が欲しいところだね!
ライトニング
ライトニング
決算推移と一緒に新規ビジネスについても見ていこう!

Google(GOOGL)の配当金・利回り

Google(アルファベット)は配当金を出さずに、全ての利益をさらなる成長に再投資する「グロース株」です。

そのため、配当金目的で高配当投資の対象にはなりません。

高配当投資を目的とされている場合は、僕が米国高配当投資で購入している銘柄も参考ください。

【2020年8月】米国株で配当金生活を目指すポートフォリオをブログで公開 こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 不労所得の代表格であり、投資家の憧...

<Googleの指標(2020年5月22日>

株価 $1,434.87
PER 33.99倍
PBR 4.38倍
PSR 5.98倍
1株配当
配当金利回り
  • Google(アルファベット)の配当金はなし
  • 利益は全て成長のために再投資

Google(GOOGL)の株価見通し

Google(アルファベット)の株価の今後の見通しですが、緩やかに2,000ドルを目指すと考えます。

Googleの日足は、コロナショックにより株価は下落したものの、直近では下落までの水準まで株価が戻りそうな状況です。

ファンダメンタル面では、通期業績も成長していますし、市場が落ち着きをこのまま取り戻せばGoogleの株価もさらに上昇が期待できます。

一方、月足では上場以来、短期・中期の移動平均線に支えられながら右肩上がりに上昇し続けています。

移動平均線の傾きは加熱し過ぎていない緩やかな傾きであることから、今後も各移動平均線にサポ―トされながら2,000ドルを目指すと思われます。

Googleに注目する投資家も多く人気銘柄であり、業績もしっかり成長しているので中長期の買いも入りやすいと思います。

  • 短期的な見通し:下落前の株価を突破
  • 中長期的な見通し:緩やかに上昇し2,000ドル突破

Google(GOOGL)の株価見通しのまとめ

本記事では「Google(アルファベット、GOOGL)の株価見通し」について書きました。

今回の記事のGoogleの株価見通しのまとめは次の通りです。

  • 決算は売上高は平均+22%、利益は平均+13%と高成長
  • Google(アルファベット)の成長を支えるのは、Googleの広告料の増加
  • 今後は広告料を稼ぐ次の柱、自動運転事業を担うWaymoの商業化推進による収益化などに期待
  • 利益は成長のために再投資しており、配当金はなし
  • 株価は緩やかに2,000ドルを突破しそう

ライトニング( @lightningshift9)でした。

Google(アルファベット)の株を売買するなら、取引手数料が無料で、スマホアプリでリアルタイムチャートが見れるDMM株がおすすめですよ!

\最短即日で口座開設/

DMMに今すぐ口座開設 米国株の取引手数料が無料!

DMM株の評判、メリット・デメリットまとめ!手数料など気になるところを徹底解説! こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 DMMグループが運営するネット証券...

他の証券会社とメリットをぜひ見比べてみてください!

【2020年】米国株の手数料を比較!おすすめの証券会社ランキング! こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 右肩上がりの市場であり、注目が高ま...