銘柄分析

NTTドコモ(9437)の株価見通しは?配当金、株主優待を徹底解説!

ライトニング
ライトニング
この記事では「NTTドコモ(9437)の株価について紹介します。

記事の中では、NTTドコモの株価推移と見通し、配当金、業績、株主優待について書いています。

「NTTドコモの株価はこれからどうなりそう?」、「業績はいいの?配当金・優待もある?」というあなたの声に答えられる記事なのでぜひ参考にしてください!

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

ソフトバンク、auと並び3大携帯キャリアの1つである「NTTドコモ」

通信大手として昔から馴染みがあり、僕たちの生活を支えている通信インフラ業であり、株式投資を始めてすぐに買ってみようと思うこともあると思います。

はてなパンダ
はてなパンダ
NTTドコモはよく知ってるけど、株価の推移や、配当金・優待とかはわからないな~
ライトニング
ライトニング
これ一本読めばわかるようにまとめたよ!

本記事では、NTTドコモの株価推移と見通しから始まり、企業分析、株主優待・配当金まで徹底解説します。

ライトニング
ライトニング
財務内容の安定感抜群のNTTドコモ!

また、株式投資歴15年の僕が利益を上げ続けるために役立ったこと投資初心者にもおすすめの情報を以下のページでもまとめていますので、ぜひ一読して頂ければ幸いです。

NTTドコモ(9437)について

NTTドコモは携帯電話の無線通信サービスを展開する会社です。

ソフトバンク、auと同じく三大キャリアの1つとして世間には知られています。

NTTドコモの会社概要は次の通りです。

会社名 株式会社NTTドコモ
営業種目 通信事業、スマートライフ事業、その他事業
本社 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
営業開始日 1992年7月1日
資本金 9,496億7,950万円(2017年3月31日現在)

NTTドコモは会社の認知度が非常に高い企業の1つであり、実際にこの記事を読んでいるあなたももしかしたらNTTドコモのスマホを使用しているかもしれませんね。

また、NTTドコモの前身は電話回線・インターネットを取り扱うNTT(日本電信電話)であり、通信事業に関しては長い歴史がある企業です。

NTTドコモ(9437)の株価推移とチャート

NTTドコモの株価推移をチャートを見ながら解説していきます。

<NTTドコモの日足>

2019年2月~2020年4月までの日足ですが、2020年年始~4月はコロナショックがあったにも関わらず、一時的なへこみはあるものの右肩上がりで株価は上昇しています。

はてなパンダ
はてなパンダ
通信事業はコロナの影響もないし強かったね!
ライトニング
ライトニング
もっと長い期間での株価推移も見てみよう!

2000年に10,000円手前の9,140円まで上昇しましたが、それ以降は右肩下がりで下落し、2012年には1,119円まで下落しました。

9,140円の高値から考えると、1/8~1/9になっており、かなりきつい下落であったと言えますね。

2012年の1,119円の安値をつけてからは緩やかに上昇しており、足元の2020年までは月足ベースで上昇トレンドに乗っている状況です。

はてなパンダ
はてなパンダ
長い目で見るとかなりきつい下落だったね…
ライトニング
ライトニング
そうだね、ただ今は上昇トレンドに乗ってるから、投資妙味が本当にあるのか、業績、配当金なども含めて見てみよう!

NTTドコモ(9437)の業績分析

NTTドコモの業績について、業績推移、最新決算期の売上・利益の成長、財務分析について見ていきましょう。

①業績推移

NTTドコモの業績推移は次の通りです。

売上高 営業利益 純利益 1株利益 1株配当
17年3月 4,584,552 944,738 652,538 175.1 80
18年3月 4,762,269 986,960 790,830 214.3 100
19年3月 4,840,849 1,013,645 663,629 187.8 110
20年3月 4,651,290 854,650 591,524 179.9 120
21年3月 120

売上については堅調に増収となっていましたが、20年3月期では減収となっています。

一方で利益についても20年3月期には減益となっており、やや陰りが見られます。

なお、21年3月期は新型コロナの影響もあり、見通しは非開示となっています。

  • 増収、増益で推移していたが、20年3月期は減収、減益となった
  • 21年3月期の決算は新型コロナの影響もあり見通しは非開示

②直近決算分析(20年3月通期)

NTTドコモの20年3月通期の決算は、先ほども記載した通り減収減益の決算となりました。

売上高:46,513億円(前期比▲3.9%)

営業利益:8,547億円(前期比▲15.7%)

引用:NTTドコモ20年3月期決算説明会資料

これは四半期決算の推移を見ても厳しかったことがわかります。

<NTTドコモ四半期決算推移>

売上高 営業利益 純利益 1株利益 利益率
19.1-3月 1,186733 111,622 56,078 15.9 9.4%
19.4-6月 1,159,285 278,717 192,307 57.8 24.0%
19.7-9月 1,170,718 261,542 180,045 54.3 22.3%
19.10-12月 1,186,034 247,592 169,961 51.5 20.9%
20.1-3月 1,135,523 66,799 49,211 15.0 5.9%

最新四半期の1-3月期を見ても、売上高、営業利益が悪化していることが見て取れますね。

今回の20年3月通期の決算が厳しかった分野に関しては、以下のセグメント別実績を見ればよくわかります。

引用:NTTドコモ20年3月期決算説明会資料

明らかに通信事業が前年対比で悪化していることがわかります。

これは新型コロナの影響により店舗来店者が減ったことに加え、海外渡航が減り、国際ローミングが減ったことが主要因となっています。

NTTドコモの事業領域

  1. 通信事業:モバイル通信(端末販売含む)、光通信
  2. スマートライフ事業:コンテンツ配信(dTV、dマガジンなど)、金融・決済サービス(dカードなど)
  3. その他事業:法人ソリューション、あんしん系サポート

今回の新型コロナによる影響は一時的なものと思われますが、引き続き四半期決算での確認が必要です。

  • 20年3月通期の減収、減益の原因は通信事業の悪化
  • 内容としては、新型コロナによる来店客減、海外渡航が減ったこちによる海外ローミング減

③競合他社との比較

NTTドコモの競合他社と比較して業績はどうなのでしょうか。

同様に携帯電話を扱う3大キャリアで比較してみましょう。

<大手3キャリアの売上・利益比較>

(単位:億円) NTTドコモ
(2019年3月)
ソフトバンク
(2019年3月)
KDDI(au)
(2019年3月)
売上高(営業収益) 48,408 37,463 50,803 
営業利益 1,0136 7,194  10,137
経常利益 10,002 6,315  10,102
純利益 6,636 4,307  6,176

同業比較で行くと、NTTドコモとKDDIがほぼ同等になっており、ソフトバンクが追従する形となっています。

楽天モバイルの参入でどうなるかはありますが、5G通信の導入があってもほぼこの構図は変わらないと個人的に考えています。

④財務内容(貸借対照表)

NTTドコモは通信インフラという我々の生活になくてはならない会社であり、今のように格安SIMなどもない時代は寡占事業でした。

そのため、財務内容も抜群であり、全く何の心配もなく、資産も潤沢に保有しています。

決算期 自己資本比率 総資産 剰余金 有利子負債倍率
2017年3月 56.7% 6,263,826 3,354,140 0.27
2018年3月 57.4% 6,574,555 3,672,344 0.27
2019年3月 57.1% 7,330,416 4,144,133 0.28

自己資本比率は驚きの50%超えになっており、剰余金で考えても4兆円以上保有しています。

したがって、NTTドコモで注目していくべきは、今後の売上・利益がどのように増えていくかという成長戦略と言えますね。

⑤今後の成長分析

通信大手のNTTドコモの今後の成長についてポイント別に見てましょう。

引用:NTTドコモ20年3月期決算説明会資料

NTTドコモの成長戦略としては、画像にもあるように次の2つです。

NTTドコモの成長戦略

  1. 顧客基盤強化:通信事業の強化、dポイントの魅力強化
  2. 会員を軸とした事業運営:会員との強い顧客接点構築
  3. 5G:映像を中心とした新たな体験・体感の実現

この中でも注目すべきは間違いなく「5G」です。

引用:NTTドコモ20年3月期決算説明会資料

次世代通信である5Gは、単に通信の品質が上がるだけでなく、音楽・ゲーム・スポーツなどの体験・体感を新たなステージに引き上げることが期待されます。

これによりドコモとしても、通信シェアだけでなく、関連ビジネスを展開できる可能性もあります。

横展開が増えればドコモとしても業績がさらに伸びる可能性もあり、今後の5G事業の進捗に要注目です。

NTTドコモ(9437)の配当金、株主優待

NTTドコモの配当金、株主優待は以下の通りの内容となっています。

NTTドコモの配当金、株主優待

  1. 配当金:1株当たり120円(2021年3月期)
  2. 株主優待:dポイントを進呈

それぞれについて詳しく見てみましょう!

①配当金

NTTドコモでは、21年3月期には年間合計で1株当たり120円の配当金が支払われる予定です。

用:NTTドコモ2019年3月期決算説明会資料

2020年4月15日の株価3,261円から考えると、配当利回りは3.6%であり、なかなかいい利回りだと思います。

過去からの配当金の推移も増額されてきていますので、大きな変化がなければ1株当たりの配当金は維持されていくと思うので、投資家としては面白いと考えれます。

②株主優待

NTTドコモでは株主優待は実施されていません。

NTTドコモ(9437)の今後の株価見通し

NTTドコモの株価の今後の見通しですが、結論から言うと非常に面白い位置であると言えます。

NTTドコモの月足を見てみると、2000年の高値から下落した後、長い底値期間からちょうど反転し始めたところであり、まさに今カップウィズハンドルを形成し、ブレイクが始まっています!

【マジ儲け!】カップウィズハンドルで儲けるための使い倒し方! こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 株式取引では、個別銘柄の決算などの...

ここから株価がさらに上がっていき、2000年につけた9,140円ももしかしたら長期であれば狙える可能性もありますよね!

さらに、株価の値上がり益だけでなく、配当利回りも3.6%、さらに株主優待としてdポイントが進呈されることを考えるとNTTドコモへの投資妙味はあると言えます。

はてなパンダ
はてなパンダ
コロナの影響もなく株価も順調だもんね!
ライトニング
ライトニング
長い底値期間で損切りをした投資家も多いだろうから、株価の上昇圧力もなくなってきている可能性も高い!

以下の記事では、株価の見通しを立てるために役立った本を紹介しています。

僕は数年損ばかりしていましたが、紹介している本で本気で勉強し試行錯誤したら、安定して利益が出せるようになりました!

関連記事 株本おすすめランキング!実際に買って初心者にもおすすめの本を紹介!

【2020決定版】株本おすすめランキング9選!実際に買って初心者にもおすすめ! こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 低金利の今の時代にお金を増やすと株...

NTTドコモ(9437)の株価見通しのまとめ

本記事では「NTTドコモ(9437)の株価見通し」について書きました。

NTTドコモは3大キャリアとして通信事業を営む会社であり、財務内容が抜群、売上・利益も堅調である優良企業です。

株価も底値期間からの反騰が始まっており、値上がり益を中長期で狙うのも面白い位置にきています。

さらに、配当利回り3.6%も考えると、投資妙味がある銘柄だと言えますね!

ライトニング( @lightningshift9)でした。

他にも個別銘柄の分析をしているので、ぜひチェックしてみてください!

テクニカル、ファンダメンタルについて徹底解説しています。

関連記事個別銘柄の分析一覧

今回紹介したファンダメンタル、テクニカル分析は、以下の記事で紹介しているおすすめ本を読むことにより身に付きました!

【2020決定版】株本おすすめランキング9選!実際に買って初心者にもおすすめ! こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 低金利の今の時代にお金を増やすと株...

NTTドコモの株を売買するなら、手数料が安く、日経新聞・会社四季報が無料などメリットが大きい楽天証券がおすすめですよ!

\顧客満足度No.1/

楽天証券に今すぐ口座開設 楽天ポイントが貯まる!使える!

【運用中】楽天証券の評判、メリット・デメリットまとめ!【徹底解説】 こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 ネット証券大手である「楽天証券」は...

また、僕も利用していますが、Tポイントを利用して1株から株を買えるネオモバを利用するのもありです!

少額から株式投資を始められるので元手が少ない初心者でも安心ですよ。

\少額で株取引ができる/

ネオモバに今すぐ口座開設 Tポイントでの株取引はネオモバだけ!

ネオモバ
【投資実績】ネオモバの評判ってどうなの?メリット・デメリットを徹底解説! こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 最近注目を集めている投資と言えば「...