ソーシャルレンディング

【要注目】CREAL(クリアル)の評判、メリット・デメリットまとめ!1万円からできる不動産クラウドファンディング

ライトニング
ライトニング
この記事では「CREAL(クリアル)」について紹介します。

記事の中では、CREALの評判、メリット・デメリットについて、不動産クラウドファンディングが全く初めての人でもわかるようにまとめました。

CREALは安全に投資できるの?仕組みはどうなってるの…?

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

少額から不動産投資が可能な「不動産クラウドファンディング」

不動産投資に必要な情報がクリアな「CREAL」は、不動産投資の実績が豊富であるプロにより運営されている不動産クラウドファンディングです。

CREALでは、プロが選定した案件に対して、インターネット上で少額から不動産投資を始めることが可能です。

はてなパンダ
はてなパンダ
不動産投資ってお金持ちしかできないんじゃないの?
ライトニング
ライトニング
1万から簡単にできるんだよ!

本記事では、「CREAL(クリアル)」の仕組み、評判、メリット・デメリットについてまとめました。

CREALは案件の情報が豊富に提供されているので、不動産投資に興味はあったけど、自分で多額のお金準備をすることができなかった人にはおすすめですよ!

ライトニング
ライトニング
僕も投資していますが、結論から言うとCREALへの投資はおすすめです!

CREALへの投資実績

いきなりですが、皆さんが一番気になるCREALへの投資実績を紹介します。

現在、僕はCREALの「関町北保育園プロジェクト」に1万円を投資しています。

この案件は運用利回り4%のリターンがあるのに加え、待機児童という社会問題の解決にも貢献することができます。

投資期間は16か月とやや長めではありますが、これから分配金を楽しみに待ちたいと思います。

CREAL(クリアル)について

まずはCREALの経営、仕組み、取り扱い案件について紹介をします。

①会社概要

CREALは株式会社ブリッジ・シー・キャピタルにより運営されています。

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの会社概要は次の通りです。

商号 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
事業内容 アセットマネジメント事業、ヘルスケアファンド事業、クラウドファンディング事業
免許 不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第112号
第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2898号
宅地建物取引業 東京都知事(1)第100911号
代表者 横田 大造
住所 東京都中央区銀座2-16-11 片帆ビル3階
設立年月日 2011年5月11日
資本金 100,000,000円

CREALのサービス開始自体は、2018年11月から始まりましたが、それ以前からも不動産投資事業は行っています。

そのため、CREALは不動産投資のプロによる不動産投資クラウドファンディングと言えます。

②仕組み

CREALの不動産クラウドファンディングは、他の会社と基本的に仕組みは同じであり、投資家からお金を集め、不動産の購入・運用を行っています。

逆の流れでは、対象の不動産からの賃料・売却益が発生し、この利益が投資家の出資額に応じて分配される仕組みとなります。

通常の不動産投資では、投資家一人で数千万円といった多額のお金が必要ですが、CREALが取り扱う不動産クラウドファンディングではこのお金を複数の投資家で持ち合うという形ですね。

②取扱い案件

CREALが取り扱う不動産投資は、情報が明確に開示されていることが特徴です。

不動産の物件名はもちろんですが、住所・立地環境、目指すべき投資の姿、投資のポイントなどを確認することができます。

投資家としては、情報が豊富であればあるほど投資判断を下しやすいため、CREALが取り扱う不動産投資案件は非常に高評価と言えます。

具体的な取扱い案件は以下の通りですが、個人ではなかなか投資をすることが難しい、ホテルや保育園などの案件を取り扱っていることが特徴的です。

CREALの取扱い不動産投資案件

  • マンションなどの不動産
  • ホテル、専門学校、保育園などの不動産

また、案件によっては優待券もついていますので、実際に投資案件に趣いてサービスを受けるといった楽しみもありますよ。

はてなパンダ
はてなパンダ
自分が何に投資をしているか本当にクリア!
ライトニング
ライトニング
金銭的なリターンはもちろんだけど、優待で楽しめるのもいいね!

CREAL(クリアル)のメリット・デメリット

それではここからは、CREALを利用するメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

メリット①:不動産の情報が明確かつ豊富

CREAL取り扱う不動産投資案件では、対象の不動産の情報が明確かつ多くの提供されています。

対象の物件について、画像、動画を多く交えており、視覚的な情報も提供されていることは素直に高評価と言えます。

不動産クラウドファンディングを取り扱う会社の中でも、不動産の情報提供という面ではCREALはトップクラスです。

社名の由来が、クリア+リアル=CREAL(クリアル)というのも納得です。

また、ソーシャルレンディングとの比較という面では、一般的にソーシャルレンディングは投資先が匿名化されており情報が把握しづらい一方で、不動産投資クラウドファンディングであるCREALでは情報公開に制限がないことは、非常に大きなメリットと言えます。

ライトニング
ライトニング
豊富な情報をもとに納得して投資判断ができるね!

メリット②:大型不動産に投資可能

CREALが取り扱う不動産の中には、個人では投資が難しいようなホテル、専門学校、保育園といった施設があります。

一般的に個人における不動産投資と言うと、マンション・アパートなどの不動産が多い中で、こういった施設に投資をすることが一般的です。

マンション・アパートなどへの不動産投資は、初心者には良し悪しの判断が難しい一方で、ホテルなどの施設は初心者でも普段から馴染みがあり、投資判断を下しやすいというメリットがあります。

そのため、初心者が不動産クラウドファンディングを始める入り口として、ホテルなどの施設の案件を取り扱うCREALはおすすめです。

メリット③:優先劣後出資方式を採用

CREALでは、不動産投資クラウドファンディングの中でも、「優先劣後出資方式」と呼ばれる投資家のリスクを低減する仕組みを採用しています。

優先劣後出資方式では、出資枠が「優先出資」と「劣後出資」に分かれています。

投資家は優先出資、CREALは劣後出資(10~20%出資)となり、不動産投資で得た利益が投資家に優先的に分配されるため、投資家は利益確保が優先されているというメリットがあります。

また、不動産投資において売却損が発生した際には、売却損はCREALが率先して負担をすることになり、投資家が売却損を負担するリスクが低減されます。

投資家としては、利益よりも損失が発生するリスクを第一に考える必要があるため、優先劣後出資方式により投資家が守られていることは、非常に大きなメリットですね。

メリット④:1万円から投資が可能

CREALが取り扱う案件は、最低投資金額が1万円のものが大半を占めます。

そのため、投資初心者、若い世代の人でも投資を気軽に行うことができます。

また、最低投資金額が低ければ分散投資を実施しやすいこともメリットの1つです。

CREALのメリットまとめ

  1. 不動産の情報が明確かつ豊富
  2. 大型不動産に投資可能
  3. 優先劣後出資方式を採用
  4. 1万円から投資可能

CREALの無料登録はこちら >

デメリット

デメリット①:不動産市況に左右される

CREALの取り扱う案件は不動産投資であり、不動産市況の影響を受けます。

不動産市況が値上がりしている時は問題ありませんが、景気の影響、天災・事件の影響などにより不動産市況が急落する可能性もあります。

ただ、CREALでは優先劣後出資方式を取っており、不動産市況の変化により投資案件における損が発生したとしても、投資家が損失を負担するリスクが低減されています。

ライトニング
ライトニング
不動産市況の変化は頭にいれておく必要があるけど、優先劣後出資で投資家が守られているのはありがたいね!

デメリット②:資金拘束がある

CREALが取り扱う不動産投資案件は、投資期間が6か月~24か月のもの多く、この投資期間中は投資資金が拘束されます。

仮に投資期間中に経済状況、不動産市況が大幅に急変すれば、投資している案件にも影響がが出る可能性があります。

そのため、投資する際には生活に影響がない余裕資金で行うとともに、分散投資を行いリスクを低減するようにしましょう。

CREALでは1万円の少額から投資であるため、資金拘束があるとしても、余裕資金で運用しやすいのはありがたいですね。

デメリット③:運用利回りが約4%とやや低い

CREALが取り扱う案件の運用利回り約4%であり、ソーシャルレンディングと比較するとやや運用利回りは低く感じます。

しかし、ソーシャルレンディングと比較して、投資案件における情報が豊富で投資判断を下しやすいですし、優先劣後出資により投資家のリスクが低減されているというメリットがあります。

また、昨今の銀行金利がほぼゼロであることを考えると、CREALにおける不動産投資クラウドファンディングの運用利回りはリスクに対してに十分なリターンですね。

CREALのデメリットまとめ

  1. 不動産市況に左右される
  2. 資金拘束がある
  3. 運用利回りが約4%とやや低い

CREALの無料登録はこちら >

CREAL(クリアル)の評判・口コミ

SNSではCREALはどのような評判なのでしょうか?

ライトニング
ライトニング
CREALの情報は本当に明確です!

ライトニング
ライトニング
1万円から不動産オーナーになれるのは魅力的!

CREAL(クリアル)が特におすすめな人

CREALは、特に次の人におすすめです。

CREALが特におすすめな人

  • 不動産投資に興味はあるけど、大金ではなく少額投資をしたい人
  • 低リスクながら満足のいく運用利回りを得たい人
ライトニング
ライトニング
不動産投資を低リスクで少額からできるのはCREAL!

CREAL(クリアル)の始め方

CREALの始め方は次の通りとなります。

  • STEP1
    公式HPから会員登録

    CREALの公式HPから「今すぐ登録」ボタンを押して、画面からメールアドレスとパスワードを登録します。

    CREALの無料登録はこちら >

    登録は非常に簡単で1分で終わります。

    登録したメールアドレス宛に、認証メールが送信され、本文中にあるリンクをクリックすると会員登録が完了します。

  • STEP2
    投資家登録
    投資家登ページから本人確認情報を入力します。

    本人確認書類として運転免許証などの書類が必要となります。

  • STEP3
    本人確認はがきの受け取り
    投資家登録の審査が完了すると、登録した住所宛てに本人確認キーが記載されたはがきが届きます。

    はがき内に記載されている本人確認キーを、サイト上で入力し投資家登録は完了です。

  • STEP4
    専用口座への入金
    投資家登録完了後に専用口座が開設されます。

    専用口座に投資用資金を入金します。

  • STEP5
    投資申込~運用
    専用口座に入金が完了したら、ファンド一覧から投資申込をします。

    運用中は毎月分配金が配当されますので、配当の状況および予定をマイページから確認しましょう!

はてなパンダ
はてなパンダ
オンラインで全て終わるんだ~
ライトニング
ライトニング
楽だね!

CREAL(クリアル)のよくある質問

ここまでCREALについて紹介しましたが、こちらではよくある質問について回答します。

①手数料はかかりますか?

CREALでは入金の際に振込手数料がかかります。

出金の場合は、楽天銀行への出金の場合は52円(税込み)がかかります。

楽天銀行以外の場合、出金金額が3万円未満であれば168円(税込み)、3万円以上であれば262円(税込み)がかかります。

したがって、CREALを利用する際には楽天銀行を開設しておくことをおすすめします。

CREAL(クリアル)のまとめ

本記事では「CREAL(クリアル)」について書きました。

CREALは投資案件における情報公開に非常に積極的であり、投資家が投資判断を下しやすいことが特徴的な不動産投資クラウドファンディングです。

1万円から投資可能であり、投資家が損失を被るリスクを低減する「優先劣後出資方式」を取っており、投資が初めての人にも自信をもっておすすめすることができますよ!

CREALで少額から夢の不動産オーナーになりましょう!

ライトニング( @lightningshift9)でした。

CREALの無料登録はこちら >

ソーシャルレンディングの関連記事を、以下の通りまとめていますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。