つみたてNISA

ゆうちょ銀行のつみたてNISAの評判、おすすめ商品まとめ!

ライトニング
ライトニング
この記事では「ゆうちょ銀行のつみたてNISAについてわかりやすく紹介します。

記事の中では、ゆうちょ銀行のつみたてNISAの評判、おすすめの商品について書いています。

「ゆうちょ銀行でつみたてNISAを始めようと思ってるけど実際どうなの?」、「ゆうちょ銀行でとにかく始めたいからおすすめ商品はどれか教えて!」というあなたの声に答えられる記事ですので、ぜひ参考にしてください!

こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。

漠然とした将来へのお金の不安がある中、真っ先に始めたい資産運用と言えば、20年間にわたり運用益が非課税になるお得な制度であるつみたてNISAです。

つみたてNISAは金融機関で始められますが、郵便局でおなじみの「ゆうちょ銀行」でも始めることができます。

はてなパンダ
はてなパンダ
ゆうちょ銀行でつみたてNISAを始めるのはどうなの?
ライトニング
ライトニング
気になるところまで紹介していきます!

本記事では、ゆうちょ銀行のつみたてNISAの評判、おすすめ商品について徹底解説します。

記事の中ではメリット、デメリットまで詳細に紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

結論から言うと、今からゆうちょ銀行でつみたてNISAを始めようとするなら、ネット証券でつみたてNISAを始めるべきです!

ライトニング
ライトニング
理由もしっかり解説していきます!

楽天証券の無料口座開設はこちら >

\つみたてNISAを始めるならメリットが大きい楽天証券/

【運用中】楽天証券の評判、メリット・デメリットまとめ!【徹底解説】 こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 ネット証券大手である「楽天証券」は...

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、国民の預貯金から投資への移行を狙い、2018年1月に開始された少額積立投資非課税制度です。

つみたてNISAは、投資の王道である「長期」、「積立」、「分散」をおさえており、利益が出やすく運用益が非課税になることも考えると、真っ先に始めるべき資産運用です。

僕もそうですけど、自分の老後の将来には漠然としたお金の不安があると思います。

つみたてNISAはこの漠然とした不安を解消すべく、金融庁がお膳立てをしてくれた制度であり、つみたてNISAを始めれば将来の不安が少なからず和らぐと断言できます。

はてなパンダ
はてなパンダ
運用益が非課税とはどういう仕組み?
ライトニング
ライトニング
画像を参考に見てみよう!

引用:ゆうちょ銀行公式HP|つみたてNISAとは?

画像の通り、つみたてNISAは購入から20年間売却益に対して、通常かかるべき20.315%の税金が一切かからない仕組みになっています。

引用:ゆうちょ銀行公式HP|つみたてNISAとは?

年間の非課税枠は40万円なので、2018年~2037年の20年間にわたりつみたてNISAの制度は続くので、最大で800万円の非課税枠を使用してつみたてNISAの対象商品である投資信託を購入することができます。

40万円を月に割り返すと3万3333円で積み立てることになりますが、つみたてNISAは1,000円といった少額でも始められるので、若年層(満20歳以上)でも始めやすい投資でもあります。

ライトニング
ライトニング
マジで一刻も早く始めるべき資産運用!

つみたてNISAの詳しい仕組みについては、「つみたてNISAとは?仕組み、メリット・デメリットまとめ!」でも書いたいますので参考にしてください。

ゆうちょ銀行のつみたてNISAの評判

まずはゆうちょ銀行のつみたてNISAはSNSでどのような評判なのか見てみましょう。

ライトニング
ライトニング
ゆうちょ銀行もつみたてNISAの拡販に力を入れています!

ライトニング
ライトニング
ゆうちょ銀行でつみたてNISAを始める人もチラホラいます。

ライトニング
ライトニング
でもやっぱりネット証券ですべきなんですよね~

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのメリット、デメリット

ここからはゆうちょ銀行でつみたてNISAを行うメリットとデメリットを説明していきます。

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのメリット

イオン銀行のつみたてNISAのメリットは次の通りです。

メリット①:全国の郵便局で手続きが可能

郵便局はご存知の通り全国に店舗があります。(詳細は公式HPの「店舗一覧」参照)

ネット証券などでは、全てWeb上で自分で口座開設、商品選択などの手続きを自分で行う必要があり、投資が全く初めての人にはやや複雑さがあります。

ゆうちょ銀行では店舗で相談しながら申し込みができるので、投資初心者でも心配なくつみたてNISAを始められるというメリットがあります。

郵便局はもちろんですが、首都圏だけでなく全国各地にあるのはありがたいですね。

メリット②:ゆうちょ銀行の口座からお金を動かす必要がない

ネット証券などでつみたてNISAを始めようとする場合、銀行口座から証券会社にお金を振り込んで資金移動をする必要があります。

ゆうちょ銀行のつみたてNISAでは資金移動が不要であるため、ゆうちょ銀行をメインバンクとしている人にとっては使いやすさの面からメリットがあります。

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのメリットまとめ

  1. 全国の郵便局で手続きが可能
  2. ゆうちょ銀行の口座からお金を動かす必要がない

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのデメリット

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのデメリットは次の通りです。

デメリット①:選べる商品数が少ない

つみたてNISAは、金融機関ごとに選べる商品の数、種類が異なっています。

現在、つみたてNISAの対象として金融庁が認定した商品は約170種類です。

しかし、ゆうちょ銀行で選べる商品数は約20種類しかありません。

つみたてNISAは1つの金融機関で口座開設すると、他の金融機関では口座開設できません。

はてなパンダ
はてなパンダ
ゆうちょ銀行で選べるつみたてNISAの商品はたった9種類だけ…
ライトニング
ライトニング
その中に優秀なものがあればいいんだけど、コスト面からもイマイチなんだよね…

ゆうちょ銀行ではつみたてNISAの商品の中でもおすすめできる「全世界株式型インデックス」がまずありません!

「先進国株式型インデックス」は選べますが、残念ながら他社ネット銀行に比べて手数料が高いのがデメリットです。

例として、ゆうちょ銀行で選べる先進国株式型インデックスの「つみたて先進国株式」と、他社ネット証券で選択可能な「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の手数料を比較しましょう。

つみたて先進国株式:0.22%

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス:0.1023%

手数料に約0.1%(年利)の差があります。

たったそれだけの差と思うかもしれませんが、つみたてNISAの資産が積み上がり、資産が500万円になっている時には、年間5,000円の手数料の差が出るのです!

あなたの将来のお金を不安を少しでも減らすためにも5,000円ならいいかと思わず、徹底してコストを切り詰めることが大切ですよ!

はてなパンダ
はてなパンダ
積みあがればコストの差は大きいのか…
ライトニング
ライトニング
正直コストはデメリットでしかない!

このように、ゆうちょ銀行ではつみたてNISAの取扱商品数が少なく、手数料が安く、優秀なインデックス型商品が選べないのは最大なデメリットと言えますね。

デメリット②:積立金額の最低額が1,000円

つみたてNISAは少額から投資が始められることも魅力です。

ゆうちょ銀行では最低積立額が1,000円となっていますが、他社ネット銀行では100円から積立を設定できる金融機関もあります。

投資は全く初めてで、とにかくまずは少額から始めたい人にとっては、ゆうちょ銀行では積立金額のハードルがやや高く感じるかもしれません。

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのデメリットまとめ

  1. 選べる商品数が少ない
  2. 積立金額の最低額が1,000円

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのメリットとデメリットを紹介しましたが、つみたてNISAは投資である以上いかに成績をよくするかがポイントです。

その点からも、一番大切な「手数料が安く、優秀な商品選び」ができないことは大きなデメリットであり、これからつみたてNISAを始める人はゆうちょ銀行で口座開設することはおすすめできません。

つみたてNISAを始めるなら商品数が豊富なネット証券、中でも楽天カード決済ができ、楽天ポイントも貯まる「楽天証券」で始めるべきです!

日経新聞も無料で読めたり、つみたてNISA以外のメリットも大きいですよ!

楽天証券の無料口座開設はこちら >

【運用中】楽天証券の評判、メリット・デメリットまとめ!【徹底解説】 こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 ネット証券大手である「楽天証券」は...
ライトニング
ライトニング
ゆうちょ銀行でつみたてNISAを始めている人も「勘定廃止通知書」をゆうちょ銀行から貰えば、楽天証券につみたてNISAを移行できるよ!

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのおすすめ商品

つみたてNISAを始めるなら「楽天証券」で始めるべきですが、どうしてもゆうちょ銀行で始めたい、ゆうちょ銀行ですでに始めてしまっているから手続きが面倒だし継続したい!という人のためにおすすめの商品を紹介します。

ゆうちょ銀行のつみたてNISAのおすすめ商品

  1. つみたて先進国株式
  2. つみたて8資産均等バランス

おすすめ1位は「つみたて先進国株式」です。

米国株式がメイン(約70%)の先進国株式に連動する商品ですが、先進国株式型のリターンは年利5%程度が歴史的見ても期待できる点からもおすすめができます。

ライトニング
ライトニング
リーマンショックがあっても年利5%程度は見込めてるよ!

おすすめ商品2位は、8資産に均等に投資を行うバランスファンド「8資産均等バランス」です。

8資産均等バランスは、先進国・新興国の株式、債券、リート(不動産)に同じ比率で投資をする商品です。

株式だけでなく、債券、リート(不動産)にも分散を行っており、投資リスクを下げる分散投資がより利いており、リスクを下げながらもある程度の成績を残したい人にはおすすめの商品です。

ライトニング
ライトニング
複数の商品の組み合わせもできるので、比率をつけながらの積立金額の設定もおすすめです!

ゆうちょ銀行のつみたてNISAの評判、おすすめ商品のまとめ

本記事では「ゆうちょ銀行のつみたてNISAの評判、おすすめ商品」について書きました。

結論としては、つみたてNISAを始めるにはゆうちょ銀行はおすすめできません。

ゆうちょ銀行では選べる商品数が少なく、手数料が安く優秀なインデックスファンドが選択できないのが致命的な欠点です。

つみたてNISAを始めるなら、商品選択の幅が広く、楽天ポイントも貯まる楽天証券で始めるのがベストアンサーですよ!

楽天証券の無料口座開設はこちら >

\楽天証券は日経新聞も無料で読めるしお得/

【運用中】楽天証券の評判、メリット・デメリットまとめ!【徹底解説】 こんにちは、投資運用歴15年のライトニング( @lightningshift9)です。 ネット証券大手である「楽天証券」は...